『花のあるすてきな世界をメガネを通してお届けしたい』という、真面目なコンセプトのもと、ちょっと不真面目な名前で活動中。『都会じゃなくても、どこだって本気で音楽はできる』をモットーに、生まれ育った町、香川県高松市で歌い続けている。ファンキーでポップなメロディは、忘れかけていたはしゃぎ心を思い出させる。

リスナーを楽しく元気にさせる、そのライブパフォーマンスは必見!

 

■オフィシャルサイト

http://www.funkymegane.com




<プロフィール>

孤高のシンガーソングライター”SHUNICHIRO”。

『高松のカリスマ』自他共に認めるそれを裏付けるのは、アグレッシブでキレのあるサウンドに乗せた彼の本音。言わない・言えない等身大の本音を、誤解を怖れず紡ぎ出す。




<プロフィール>
シンガーソングライター。

ミニアルバム「She See Sea」リリースと共に本格的に音楽活動を始める。Keison、Asia SunRise等のフロントアクトを務めながら県内外問わず数多くのライブを行う。ここじゃないどこか。儚く逸脱し続ける曖昧な世界と感情を音楽に。




<プロフィール>
鍵盤弾き語りスタイルで精力的に活動中のシンガーソングライター。何気ない日常の喜怒哀楽から紡ぎ出される曲には、人の強さや儚さ、そして希望が込められている。マンスリーワンマンライブ5年目の最中。

 

■オフィシャルサイト

http://anryo-steering.com




<プロフィール>

ー淋しさの中に暖かみがあって、

切なさの中に希望があるー

 

日々の喧騒から逃れた先に、いつもとは違う世界を私の歌から見つけて欲しい。

 




<プロフィール>

高校卒業後、バンドを組みたい!と思い路上で弾き語りをはじめた時に曲を作って歌うことへの魅力に取り憑かれる。現在はベッドサイドキネマというバンドをメインに活動中。ソロでの活動はアコギからウクレレに持ち替えて2016年からスタート。好きなアーティストのカバーを織り交ぜつつ、心地よい音と歌詞と文字の羅列を探求しています。

 

■オフィシャルサイト

https://twitter.com/bedsidekinema




<プロフィール>

かんのめぐみ(シンガーソングライター兼介護福祉士)

現在音楽活動と並行し介護施設でも働いている。アコースティックギター弾き語りスタイルで香川県を拠点に県内外で精力的にライブ活動を展開中。介護士としての経験を活かし新しい切り口で曲を紡ぐのが特徴の1つだ。ドキュメンタリー映画「大地の花咲き」のエンディングソングを担当し、歌詞提供、歌唱で参加。関西の上映会にて700人の前で歌う。又、りんご音楽祭2015に出演。全国各所、台湾にて行われたライブオーディションで300組参加する中の21組に選ばれる。楽曲が地元ニュース番組に起用されたり地元CMのボーカルを担当したりと活動の場を広げている。

 

■オフィシャルサイト
http://kannou-megumi.wix.com/kanno-music-kagawa




<プロフィール>

四十を過ぎて知り合った男2人で2013年に結成。

青春も中年もひっくるめ、普通の日々生活を思うまま歌にしてはギター2本で弾き語るお調子者ユニット。ときにゴキゲン、ときにしっとり、ときにやさぐれ、ときにハッピー。弾き語りらしからぬカテゴリーに収まりきらない振り幅で多彩な曲は、お互いがシンガーソングライターならでは。一度聴いたら頭から離れない俊逸なメロディセンスは、同じミュージシャン仲間からも世代を超えて支持されている。ノスタルジックだけどセピアじゃない。その等身大の歌詞に共感する人も多いはず。香川の台風となるべく高松ラフハウスを中心に活動中。
■オフィシャルサイト
https://www.facebook.com/hidedaaan/




<プロフィール>

自称「主婦シンガー」。生活感あふれる れおんの唄には、何気ない 日常の輝きがちりばめられている。CD アルバム「少しだけ~セカンドハンド チャリティーCD」、「かんじる かたまり」、「ちっちゃなママの応援歌」の3作リリース。ピアノ弾き語りライブ他、演劇や映像作品、CM音楽を手掛ける。現在は二児の母となり、親子で楽しめるライブに出演したり、イベントにて様々なコラボレーションを行なう。ホームページ「らくがきれおん」にて、ライブ情報を更新中。出逢いに感謝!

 

■オフィシャルブログ

http://reoemon.blog2.fc2.com




<プロフィール>

おひさま出身のシンガーソングライター。独特な曲調は現代童謡、歌の絵本などと形容される。心に虹をかけるカラフルな歌声で地球でライブ活動中。地球へは空飛ぶ鍵盤に乗ってやってくる。ちなみに、高松には空飛ぶ鍵盤のサービスエリアがあるらしい。

 

■オフィシャルサイト

http://artist.aremond.net/judy/



<プロフィール>

1998年からピアノの弾き語りで音楽活動を開始。2000年からはピアノとヴォーカルのユニット「mirekan」にてピアノ弾きとして活動し、2年前からまた弾き語りを再開しました。現在は香川を中心にゆるっと活動しています。ワクワクするリズム、共感する歌、哀しみの中で隣で寄り添ってくれた音。今までの歩みの中で私と共にあった曲を私なりのアレンジで歌ったり、日々のことだったり、自身と向き合ったりしながら感じたことを少しずつ歌にしたりしています。

 

■FACEBOOKページ

https://www.facebook.com/mireikamikawa/



<プロフィール>

広島県出身、香川県高松市在住のシンガーソングライター。ガットギターによる弾き語りで、オリジナル曲を中心に活動。POPで mellowなその世界観はジワジワと高松に浸透中。




<プロフィール>

Dee-Jay hyro 本名:Andio Rossi (なぜかイタリア系)

1973年8月28日 たぶんN.Y.City 生まれ(覚えてないので分からない)

1992-1997年 ドイツへ行きその後仕事に役立たない言語学やらの勉学に励む。音楽活動をなんとなく続ける。イギリスへの入国を二度も断られてせいでドイツの学生ビザを失い、ドイツの大学に戻れなくなる。腹が立つのでOxford大学卒と肩書きを偽る。

1998-2001年 カナダ、トロントで一生懸命遊ぶ。年間100本liveする。数本の映画にも小さく映る(台詞有り)。FM局主催のソングライティングコンテストにギリギ


リ入賞できたことがきっかで、よりによって嫌いなイギリス系某音楽制作会社でイヤイヤ働くこととなる。その後イギリスアレルギーが悪化し2001年に帰国。

2002-2004年 FM高松にてDJ-hyroとして情報番組sunset-grooveのパーソナリティーを務め、仕事をあまりに掛け持ちし過ぎた為 睡眠不足で自律神経がCrazyになる。

2004年 NTTドコモ主催の(裏操作が可能な)コンテスト『バトルインディーズ』にて自身のバンドPydrogeniQueが(準グランプリ…だったと思う)を獲得。

2005年 結婚…式の直前に円形脱毛症になる。(いろいろ重圧があったんだろうなぁ)

2006年 音楽制作事務所J.W.MUSIQUEを創業。TV,ラジオ-CM、イメージソング、ドラマ、舞台、映画等の音楽制作、アーティストへの楽曲提供、プロデュース業を開始。

2008年 娘誕生(こんなオレでも父になる)

2001~高松市トキワ新町JAMMINGWAY'Sの店主として毎晩カウンターでボチボチお酒を混ぜるていたが、音楽制作&バーのマスターという二足のわらじは心身に負担が大きいという理由で、2011年にJAMMINGWAY'S 店主を引退。2014年からはJ2 カマタマーレ讃岐スタジアムDJとして再びアレをオッ立て握っている。