2020年5月 May


■ 2020年5月1日 (金)

■ 出演者:リクオ

■ 公演名:「リクオ&ピアノ 2020」高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2/18(火) 12:00~4/30(木) 23:59

※ 中学生以下入場無料。ただし、必ず保護者同伴でお越しください。

※ 付き添いが必要な障がい者の方に限り、介護の方1名は入場無料とさせていただきます。(障がい者手帳を必ずご持参下さい)

【予約期間:2/18(火)12:00~4/30(木)23:59】


<プロフィール>

京都出身。'90年11月、MMGからミニアルバム「本当のこと」でメジャーデビュー。ソウルフルなヴォーカルと幅広いソングライティング、ニューオリンズピアノ、R&R、ブルース等に影響を受けたグルーヴィーなピアノスタイルで、注目を集める。'92年、忌野清志郎プロデュースによるシングル「胸が痛いよ」リリース。 '90年代は、シンガーソングライターとしてだけでなく、セッションマンとしても活躍し、忌野清志郎、オリジナル・ラブ、ブルーハーツ、真心ブラザーズ等のツアーやレコーディングに参加。'90年代後半より、インディーズに活動を移行。年間120本を越えるツアーで鍛えられたファンキーなライブパフォーマンスは、世代・ジャンルを越えて熱狂的な支持を集め、いつしかローリングピアノマンと呼ばれるように。ソロ活動以外にも、'04年にはキーボード奏者のDr.kyOn(ex.ボ・ガンボス)らと5人のピアノマンからなる世界で一番やんちゃなピアノアンサブル、CRAZY FINGERS、'12年にはウルフルケイスケ等とロックバンド、MAGICAL CHAIN CLUB BANDを結成。'12年から、コラボ・イベント「HOBO CONNECTION」を主催し、奇妙礼太郎、仲井戸“CHABO”麗市、高野寛、Caravan、カーネーション、七尾旅人、中川 敬(ソウル.フラワー.ユニオン )等多くのミュージシャンとのコラボ・ライブを繰り広げる。近年、コンスタントに発表される作品の充実振りによって、ソロ・アーティスト、シンガーソングライターとしての評価も増々高めつつある。'16年4月には、満を持して、自身が立ち上げたレーベルHello Recordsより、アルバム『Hello!』をリリース。CDと同時に自身初のアナログ・レコードもリリース。

■ オフィシャルサイト http://www.rikuo.net


■ 2020年5月2日(土)

■ 出演者:ELK w/Kyosuke Kusaka(THE COCKS)

■ 公演名:弾き語りTour2020 "Don't stop the beat" <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:5/1 (金) 23:59まで

オープニングアクト募集中


<プロフィール>

ELK(エルク) 広島県生まれのシンガーソングライター。B.B.king,OTIS REDDING,JOHN LEE HOOKER,Johnny Winter, SAM&DAVE等のBLUES&SOULを聴き、本格的に音楽に目覚め、広島より単身上京。路上で歌い始める。泉谷しげる/忌野清志郎共同プロデュース「紅白をぶっとばせ!」への参加、堀内護(ex.ガロ)とのセッション、加奈崎トリオ(加奈崎芳太郎[ex.古井戸],小林和生[ex.RCサクセション],新井田耕造[ex.RCサクセション])、三宅伸治(モジョクラブ)、内田勘太郎(ex憂歌団)のオープニングアクトを務め、杉山章二丸(ex.タイマーズ、モジョクラブ)とのバンド活動を経験。音楽評論家の鳥井賀句に認められ、伝説の渋谷「青い部屋」への出演などを経て、2016年、2017年にアルバムを全国リリース。現在、アコースティックギター弾き語りスタイルで全国ツアー活動中。Respect:忌野清志郎/HARRY/STREET SLIDERS/SION/THE GROOVERS/THE ROOSTERS/山口冨士夫/村八分/サンハウス/HEATWAVE/友部正人/吉田拓郎/ etc...

■オフィシャルサイト http://elk.mods.jp/home/index.html


■ 2020年5月4日(月・祝)

■ 出演者:詩野 -shino-

■ 公演名:ライブツアー2020~サバ上等~ <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:5/3 (日) 23:59まで

オープニングアクト募集中


<プロフィール>

詩野(しの) 富山在住ピアノ弾き語り ノデウタウ その名の通り飾らない性格で力強く歌う。2017年ファーストアルバム「owl owl」発売をきっかけに軽自動車に鍵盤を積んで 全国へ歌の旅をはじめる。それは『家作り』と呼ばれ全国に家と家族を増やすのが喜び。2018年末2ndアルバム「水曜日は詩野でしょう!」発売。

■オフィシャルサイト https://twitter.com/2wfbuwjk2hlknr


■ 2020年5月9日(土) 

■ 出演者:未定

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途)


近日公開予定


■ 2020年5月10日(日) 

■ 出演者:未定

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途)


近日公開予定


■ 2020年5月14日(木)

■ 出演者:岸部眞明、下山亮平

■ 公演名:岸部・下山 Duo Live <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:5/13 (水) 23:59まで

※ 中止・延期となる可能性もございますので、当店ホームページ、SNSなどで開催状況のご確認をお願い致します


<岸部眞明 プロフィール>

1995年、プロ活動開始。

2000年頃より活動の場を広げ、2010年頃から中国、アジアなど活動の場を広げる。

昨年12月、下山亮平とのduoアルバム岸部•下山をリリース。

現在まで10枚のアルバムを製作、発表。

■オフィシャルサイト https://www.jpp.co.jp/capo/main.html

 

<下山亮平 プロフィール>

2002年から現在4枚のソロ・アルバムをリリース。

hip-hop系ユニットDefTechのヒット曲「My Way」にギターで参加。

J-pop歌手 伊藤由奈のシングル曲「Mahaloha」、DefTech「friends for always」等の楽曲提供。

2019年に岸部眞明とのデュオ・アルバムをリリース。

■オフィシャルサイト https://r-shimoyama.guitarfreak.net/


■ 2020年5月16日(土)

■ 出演者:近藤智洋 (GHEEE, my funny hitchhiker, ex.PEALOUT)

■ 公演名:弾き語りワンマン <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:5/15 (金) 23:59まで


<プロフィール>

1994年、PEALOUTを結成。ラウドなギターバンド、ダンサブルなピアノバンドの側面を持つオリジナリティ溢れるバンドスタイルで活動。FUJI ROCK FESTIVALには6回出演(ソロでの出演1回も含む)。8枚のオリジナルアルバムを残し、2005年7月PEALOUT解散。7月30日のFUJI ROCKが最後のステージとなった。2005年8月より近藤智洋、ソロ活動開始。アコースティックな楽曲をアコギ、ピアノを使い表現しPEALOUT以降の世界を創り出している。2006年6月には、花田裕之(ex.THE ROOSTERS)山口洋(HEATWAVE)ヤマジカズヒデ(dip, qyb)ヒサシ the KID(THE BEACHES)城戸紘志 等が参加した1st アルバム「近藤智洋」を発売。2007年1月、ソロ活動と並行して、深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)、Hisayo(tokyo pinsalocks)、YA/NA(DRYASDUST/ZEPPET STORE)とGHEEEを結成。7月25日にはアルバム「GHEEE」を発売。2012年1月にはさらに、佐山忍、恩賀周平、PEALOUTで一緒に活動していた高橋浩司とThe Everything Breaksを結成。いくつものバンドを経てきた4人が原点に戻り、音を鳴らすという初期衝動に真正面から向き合うバンドを作り上げた。

2019年には恩賀周平、宮下裕報と共にmy funny hitchhikerを結成。スリーピースでラウドなサウンドを追求し、ギターボーカルを担当。現在はソロでの弾き語りを中心に、近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション、my funny hitchhiker、GHEEEと積極的に全国各地でライヴ活動を展開し(2007年には160本、2008年には170本)毎年120本前後のライヴを行っている。

■ オフィシャルサイト http://kondotomohiro.com


■ 2020年5月23日(土) 

■ 出演者:未定

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途)


近日公開予定


■ 2020年5月30日(土) 

■ 出演者:未定

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途)


近日公開予定


■ 2020年5月31日(日)

■ 出演者:古見健二

■ 公演名:SOLO LIVE TOUR in RUFFHOUSE

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2020年5月30日 (土) 23:59まで

出演者募集中!


<プロフィール>

古見健二/ kenji komi(Guitar,Vocal,Arranger)

1969年 沖縄・石垣島生まれ

1993年 城間健市とKen’s club結成。アルバムリリース。

2002年 彩風~ayakaji~でメジャーデビュー。数多くのアルバム、シン グル発売

2005年 ソロ活動開始。R&R Band 「Groovin’」に加入

2009年 ソロアルバム『Step』発売

2012年 2nd アルバム『DEPARTURE』

2015年 3rd アルバム『Strut』

2017年 『Life』発売

2019年 『Daily』発売

R&R,R&B,soul色に染まったギタープレイが持ち味。 現在もソロライブ、Groovin’、サポート活動、楽曲提供等精力的に行 う。 RUFFHOUSEは2012年以来の久々のステージ。

■ オフィシャルサイト https://www.komikenji.com