2020年2月 February


■ 2020年2月1日(土)

■ 公演名:噂のレコード鑑賞会 vol.17

■ 開場 19:00/閉演 23:00

■ 入場無料(1オーダー別途)

※ FOOD類持込OK!


約140年前にトーマス・エジソンが実用化に成功した蓄音機は、世界で初めて録音再生を可能とした画期的な機器だった。懐かしの昭和歌謡からロック~ジャズまでアナタのご自慢の盤を持ってきてください。このイベントはアナタが主役!フード類は持込OK!飲んで食べて聴いて楽しんで~

 

<ルール>

・おひとり1曲交代でおかけください。

・曲名、アーティスト名や思い出など、簡単に説明お願いします。

・レコードの懐かしい音色を大音量で楽しんでください。

・リスナー大歓迎!


■ 2020年2月2日(日)

■ 出演者:中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)

■ 公演名:中川敬・音曲渡世ひとり旅2020<香川篇>

■ 開場 17:30/開演 18:00

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:1/25(金) 23:59まで。

※ 学割チケット予約¥2,000(ドリンク別/税込) / 当日¥2,500(ドリンク別/税込)


<中川敬 NAKAGAWA TAKASHI プロフィール>

ロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のヴォーカル、ギター、三線。前身バンド「ニューエスト・モデル」に始まり、並行活動中の「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」や弾き語りソロなど、多岐にわたる活動で、作品やライヴを通じて多くの人々を魅了している。トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなど、あらゆる音楽を精力的に雑食・具現化する、これらのバンドの音楽性をまとめあげる才能をして、ソング・ライター、プロデューサーとしての評価も高い。 また、阪神淡路大震災の際、民謡や戦前流行歌などをレパートリーに、避難所、仮設住宅、復興住宅などで二百回を越える出前ライヴを行ない、2011年の東日本大震災においても、東北各地の避難所、仮設住宅などで三十回ほどライヴを行っている。「満月の夕(ゆうべ)」は、1995年2月、神戸の避難所で生まれた名曲である。東ティモール、パレスチナ難民キャンプ、フィリピン・スモーキーマウンテン等、世界のマージナルな場所でのライヴも敢行している。 2015年から本格的にアコースティック・ギターの弾き語りで全国ツアーを開始。2017年に第4弾ソロアルバム『豊穣なる闇のバラッド』をリリース、2018年12月にソウル・フラワー・ユニオンの4年ぶりになるニューアルバム『バタフライ・アフェクツ』をリリースする。

■オフィシャルサイト http://www.breast.co.jp/soulflower/


■ 2020年2月9日(日)

■ 出演者:西慎嗣、中沢ノブヨシ

■ 公演名:西慎嗣 meets 中沢ノブヨシ〜中沢ノブヨシの名前でデビュー10周年記念ライブ第2弾スペシャル〜<高松公演>

■ 開場 18:00/開演 18:30

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2/8 (土) 23:59まで


<西慎嗣 プロフィール>

にし・しんじ。1960年11月19日、長崎県生まれ。16歳でキャンディーズのバック・バンドMMPに加入。18歳でスペクトラムに加入。解散後はラディックスを結成。バンド活動と並行してアン・ルイス、矢沢永吉、桑名正博、Char、ジョニー吉長など、さまざまなアーティストのライブ・サポートやプロデュースを行なう傍ら、桑田佳祐プロデュースによる『NISHI.』や『SHINJI BACK TO THE ROOTS』などのソロ・アルバムをリリース。また、ユニットのミックスナッツを結成し、アルバムもリリースしている。海外ではレゲエ界の重鎮であるベレス・ハモンドやスライ&ロビーを始め、多くのレゲエ・アーティストのアルバムに参加。スライ&ロビーとの共作アルバムは、第49回グラミー賞の“ベスト・レゲエ・アルバム”にもノミネートされる。現在はおもに西 慎嗣バンドや岡本定義とのナタデココ、山﨑まさよしとの“さだまさよしんじ”、小原礼&屋敷豪太とのThe Renaissanceなどのライブ活動及び、アーティストのサウンド・プロデュースなどを行なっている。

■オフィシャルサイト https://shinji-nishi.com

 

<中沢ノブヨシ プロフィール>

ニックネーム《GATZ》(ガッツ)の愛称でおなじみ! 100Kg オーバーの身体から絞り出されるビター・スウィートな 歌声で聴く人を魅了する、魂の SOUL SINGER。父親に元関脇・富士櫻を持つという特異な環境下に育つ。GATS TKB SHOW としてデビュー。

「DREAMS COME TURE WONDERLAND 2007 バッキング・ヴォーカル・オーディション」に応募。3,000人の中から抜擢 され、以後 2011 年までギタリスト&バッキング・ヴォーカルと してドリカムの全国 ツアーに参加。ドリカムの他、谷村新司、トータス松本他のツアーにバッキング・ ヴォーカルとしてツアー参加等、その実力と安定感からミュー ジシャンからの信望も厚い。また、関ジャニ∞のアルバムにも楽曲提供。年を重ねて更に厚みを増してく歌声と、時に激しく、時にソフトに語りかけるギターで、全国を駆け巡る!!本物のソウルを歌い上げる歌唱力とギタープレイ、ソウルフルかつキャッチーなオリジナル曲は、一聴すれば誰もが驚きその音楽と存在感に引き寄せられる、真のシンガー。

■オフィシャルサイト https://nakazawanobuyoshi.jp


■ 2020年2月10日(月)

■ 出演者:KATAHO SEIJI & GAMANO SEIICHI

■ 公演名:Uebun Crossover Night

■ 時間:開場 19:00/開演 19:30

■ 入場料金:¥500(1オーダー別途)

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございます


『ブラコンは咲いたか、クロスオーバーはまだかいな?』

ブラックコンテンポラリーミュージック、略して「ブラコン」。簡単に言えば、70年代後半から咲き始めた黒人から白人へのアピールミュージック!

クロスオーバーミュージック、略して「クロスオーバー」。70年代半ば頃から咲き始めた黒人から白人、白人から黒人への歩みよりの中で産み出された調和、協調、連帯、融合音楽!

今宵、その真偽が明らかになる!


■ 2020年2月15日(土)

■ 出演者:THE COCKS

■ 公演名:ワンマンライブ「REVOLUTION ROCK Vol.36」

■ 開場 20:00/開演 20:30

■ 入場料:¥1,200(1オーダー別途)

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございます


<プロフィール>

What's My Name?自分が何者なのか、ふとわからなくなる不確かなこの時代。5人の騎士がいま、むき出しビートでカオスの世界をぶち破る。

■THE COCKS https://www.facebook.com/The-COCKS-305631706142827/


■ 2020年2月16日(日)

■ 出演者:住出勝則 (Masa Sumide)

■ 公演名:~歌&ソロギター「オイシイとこどり」ライヴ~ 高松公演

■ 開場 17:30/開演 18:00

■ 前売¥3,300/当日¥3,800(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2/15 (土) 23:59まで


<住出勝則 プロフィール>

75年にフォーク・グループ『シグナル』のメンバーとしてデビューして以降、日本のフォーク/ポップス・シーンで活躍していた住出勝則(Masa Sumide)さんが、アコースティック・ギター・ファンの間で話題となっている。99年にソロ・フィンガースタイル・ギタリストとしてアルバム・デビューしてから、毎年ソロ新作を発表し続けて来た住出勝則。これは物凄い事だ。国内外のアコースティック・ギター・シーンでも前例のない事だと思う。住出勝則という1人のギタリストの才能と技量と努力が「年に1作の優れたソロ作」のリリースを実現させてきた。この事は、いくら褒めても褒め過ぎる事はないのではないだろうか。一聴して解る他の日本人アコースティック・ギタリストには無いリズム感覚とタイミング、複弦のスライドや右手親指によるファンキーなベース・ライン等々、卓越したテクニックと唯一無二の音楽スタイルを持っているのだが、それでいて彼が創り出すギター音楽は、あくまで親しみやすく聴く者の耳に届く。それは、彼のライヴ・パフォーマンスにも表れている通り、人の心を和ませる「ワザ」を彼が知っているからだろう。

■オフィシャルサイト http://www.masasumide.com


■ 2020年2月18日(火)

■ 出演者:タマキング、かろう(THE春夏秋冬)

■ 公演名:『理屈抜き‼︎乱打戦‼︎』タマキングvsかろうツーマンLIVE<高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2020年2月17日 (月) 23:59まで


<タマキング プロフィール>

1978年4月6日広島で出生、東京で少し過ごし、北海道で育つ‼︎全国で『日本のあんちゃん』と言われている歌うたい、それがタマキング‼︎年間260本から300本のLIVEで爆進中‼︎新宿LIVEハウス5会場でのサーキットフェス『タマタクチャンピオンズカーニバル』を毎年聞間拓と共同主催‼︎2017.8.29〜30生音で島の岬で交互に歌い続ける24時間完全無観客試合タマタク巌流島決戦を決行‼︎死にかける。2018.10月1ヶ月かけてダーツで決めたルート通りLIVEツアーをまわる『47都道府県横断タマタクダーツの旅ツアー‼︎』を決行‼︎わけのわからない無茶苦茶なルートをお客さんからのクラウドファンディングに助けられ制覇‼︎日本全国を元気の押し売りで笑顔にさせるため、今日も歌い続ける‼︎あんちゃんにまかせろ‼︎

■ オフィシャルサイト https://tamaking.jimdofree.com


■ 2020年2月21日(金)

■ 出演者:Emi Tem Happy Drawbar×高橋てつや

■ 公演名:Happy Poppy Tour 2020 <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2020年2月20日 (木) 23:59まで


山田明義(Vo.Gt)

京都出身のシンガーソングライター&クリエイター。自身のバンド「ステシュラ」をはじめ、「Emi Tem Happy Drawbar」「たからものカルテット」で音楽活動中。メディア制作チーム「AOCS」での"加藤ひばる"プロデュース、デザインや映像、web制作、飲食コンサルなど幅広く活動するマルチクリエイター。 http://akiyoshi.me

 

花田えみ(Org)

Hammond Organ時々Piano弾き。2015.7.2 自身のオリジナルを詰め込んだ1st mini Album『Soul Meetin'』リリース。Organ背負って全国各地へhappyに音紡ぎ。http://emihanada.org

 

高橋てつや(Vo.Gt)

オリジナリティあふれる歌声と歌詞に注目が集まり、シーンでも独特の存在感を堅持しているシンガーソングライター。2010年11月より本格的にソロ活動を展開。精鋭ミュージシャンをバックにした”高橋てつやバンド”のライブやソロ弾き語り、ユニットなどで、多数のライブイベントに出演。http://takahashitetsuya.com


■ 2020年2月22日(土)

■ 出演者:鬼頭径五

■ 公演名:You and Me Tour <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2020年2月21日 (金) 23:59まで

※ オープニングアクト募集中!


きとう・けいご 

1961年横浜生まれ。10代の頃より地元京浜地区を中心にいくつものバンド活動を経験する。88年にCBSソニーよりデビュー。その後、いくつかのバンド、事務所を経て、アコースティック、R&Rバンドと様々なスタイルにありながらも、一貫してその圧倒的な声の存在感と詩の世界を持ち、常にフロントに立ち歌い続ける。

■ オフィシャルサイト http://www.kitokeigo.net


■ 2020年2月23日(日)

■ 出演者:高松千春 with 夏目一朗

■ 公演名:高松千春のマンスリーライブ vol.6「夏目一朗セレクション」

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 予約期間:2/22 (土) 23:59まで


夏目一朗氏がスペシャルゲストで出演!!

松山千春氏のアレンジャーでバンマスでもあり、30年弱活躍中の夏目一朗氏が松山千春氏の歌を10曲、選曲し高松千春が歌う。高松千春の表現力はいかに・・・

ゴージャスなマンスリーライブになる事を期待!

■オフィシャルサイト http://ichiro.ashita-sanuki.jp/


■ 2020年2月24日(月)

■ 出演者:鶴早大貴×西川ユウヒスキー

■ 公演名:We aim for the top

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 入場料:¥1,000(1オーダー別途)

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございます


<鶴早大貴 プロフィール>

中学生時代Hi-STANDRDのギタリスト横山健に憧れ、エレキギターを始める。バンドを組む事が出来ず、音楽活動に憧れを抱いていた時YUIのアコースティックギター1本でライブをする姿に感銘を受け父親が使っていたアコースティックギターを持って路上ライブを始める。その後ネオポップアコースティックデュオもに☀︎すたを結成。これを機に作詞作曲を行うようになる。2017年ソロ活動開始。日々で感じる事を唄う。

 

<西川ユウヒスキー プロフィール>

夕日が好き、ユウヒスキー。小学校の教師を務めながらシンガーソングライターをしていた西川ユウヒスキー。しかし30歳で教師を退職。音楽の世界で生きていく事を決意した。以来、竹原ピストルやドラマー村上ポン太秀一との共演も果たしている。その他にもたくさんの著名人との交流を広げながら県内外多数のライブハウスで活躍中。ライブやCD制作で忙しい日々の中でも、路上ライブやヒッチハイクで旅をする等、人と人との出会いを何より大切にしている。優等生だった学生時代、大学卒業後すぐ教師として社会人になった。そして30歳で退職。今は路上ライブやライブハウス、町のイベントやヒッチハイクの旅など彼が見てきた世界はとても様々だ。誰かにあてた手紙のように、祈りのように暖かく、そして鋭く、心に伝わってくる。あなたにはどんな世界が見えているのだろうか。ドラマチックシンガーソングライター 西川ユウヒスキー。

■オフィシャルサイト https://www.youtube.com/user/hossyanhossyan


2020年2月26日(水)に予定しておりました流 -nagare- New Album『点と線』tour 2020 <高松公演>は、当店の都合で延期させて頂くことになりました。日頃より応援してくださっているファンの皆様及び関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを改めて心より深くお詫び申し上げます。延期の日程が決まり次第、当店HP、SNS等で告知しますので、暫くお待ちください。お客様にはご迷惑をお掛け致しますことお詫び申し上げますと共に、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

■ 2020年2月26日(水)

■ 出演者:流 -nagare-

■ 公演名:New Album『点と線』tour 2020 <高松公演>

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2020年2月25日 (火) 23:59まで

オープニングアクト募集中


<流 -nagare- プロフィール>

北海道発!全国を旅しながら歌い続ける女性シンガーソングライター・流(ながれ)の6枚目のフルアルバムが完成。年間100本を超えるライブで培った歌声は、まさに唯一無二の存在感。切なさとポップさが極まった、聴き手の心の琴線に触れる楽曲群、全10曲収録。北海道・音更町出身の、旅する女性シンガーソングライター。十勝平野で8人家族の中、たくましく育つ。男女2人組ユニット “三角堂”でメジャーデビュー。2006年からソロとしての活動を開始。”1万人に会いに行く”を目標に全国を回る旅を始め、それを達成した現在も、日々、どこかの街で歌い続けている。代表曲でもある「すずなり」は、NHK北海道の番組テーマソングに抜擢された。2年に一度、ふるさとである音更町文化センター大ホールでのコンサートを成功させている。FM JAGA(FMおびひろ)にて “流のHome Made Radio” が毎週日曜日と水曜日(再放送)に放送中。2015年から利尻町・観光大使。

■ オフィシャルサイト http://nagare.us


2020年2月27日(木)に予定しておりましたカトウヒデキ×エキサイト中條<オレたちゃ人気者!ライブ>は、当店の都合で延期させて頂くことになりました。日頃より応援してくださっているファンの皆様及び関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを改めて心より深くお詫び申し上げます。延期の日程が決まり次第、当店HP、SNS等で告知しますので、暫くお待ちください。

お客様にはご迷惑をお掛け致しますことお詫び申し上げますと共に、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

■ 2020年2月27日(木)

■ 出演者:カトウヒデキ×エキサイト中條

■ 公演名:オレたちゃ人気者!ライブ

■ 開場 19:30/開演 20:00

■ 入場料:¥1,000(1オーダー別途)

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございます


<加藤ヒデキ プロフィール>

大学の時エレキギターを持ち、ギターヴォーカルで活動を始めるが卒業と同時に一旦音楽を離れる。33歳より物足りなさを感じアコースティックギターに持ち替え、また歌い始める。2013年にユニット HIDEKI AND DaaaN!! を結成。現在はソロでも活動。ときにしっとり、ときにやさぐれ、ときにハッピー。多彩だが背伸びしない自然なフィーリングを持ち味に日夜、ピンとくるサウンドを探求し続けている。

 

<エキサイト中條  プロフィール

小中高と剣道部で過ごし、大学時代に軽音楽部でボーカルとして活動。洋楽からマニアックな邦楽まで、この大学4年間で一気にいろんな音楽に触れることとなる。大学卒業後はバンドメンバーでもあった同期生と上京するも3年後にバンド解散。就職を境に音楽とは離れていたが、40歳を機に突如一念発起して真剣にギターを触り始め、2016年より弾き語りミュージシャンとして“見切り発車”ながら音楽活動を開始。ロック・フォーク・昭和歌謡を基盤としたオリジナル楽曲で人生と色恋を謳い、高松を拠点として至る所でエキサイトなライブを展開。ミドルエイジの代弁者のようなその楽曲と歌詞で、40代を中心にファンが増加傾向中(?)。香川県内のソロミュージシャン9人による音楽集団『玩高一座』のメンバーとしても活躍中。


■ 2020年2月28日(金)

■ 出演者:chocchi

■ 公演名:流浪、はじめの第壱歩 の巻

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 料金:SOLD OUT致しました


<chocchi プロフィール>

'82年 忌野清志郎に影響を受けギターを独学で始める。

'88年 滝和祥とRUDE MODE 結成。新宿、渋谷、下北沢を中心にライヴ活動を行う。

'97年 堀江哲也(ex.BOW WOW)をヴォーカルにSPEAKER'S ROCKET結成。

時は同じく VO、B 滝将之(現、びっくりしたなぁもう)、D,小田部亮(ex.MAMORU & The DAViES)のhush bon bonに加入。

2001年 高松に戻り会社員生活に情熱を注入、19年間音楽活動を封印。

2020年 友人の死をきっかけに弾き語りとして活動を再開。亡き父上が抱いていた侍スピリットを継承と誓う。

歌とは「演奏」「表現」「言葉」など、その全てにおいて自由であり、どんなに「上手」どんなに「綺麗」と形容されることよりも「手段はどうであれ誰かの心に響くか、どうか?」それこそが本質である、というのが持論です。一言一句、一音一音、魂を込めます。古い人間ですが、、「生きる証」と解釈し、正々堂々 真正面から心の扉を叩きます。


2020年2月29日(土)に予定しておりました<Cherry Boys Blues Bandライブ>は、この度、政府からの「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためのイベントの開催自粛要請」の方針に従い、延期させて頂くことになりました。延期の日程が決まり次第、当店HP、SNS等で告知しますので、暫くお待ちください。お客様にはご迷惑をお掛け致しますことお詫び申し上げますと共に、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

■ 2020年2月29日(土)

■ 出演者:Cherry Boys Blues Band

■ 公演名:saturday nite live !

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 料金:入場無料(1オーダー別途)※投げ銭制


<プロフィール>

David近藤(Vocal&Guitar)

香川県在住のギタリスト&シンガー。ブルースネットワークのメンバー。

 

岩崎裕介(Bass)

香川県在住のベーシスト。Cherry boys blues bandの他、ロカビリーバンド等でも活動中。冷静かつ安定したプレイは定評がある。

 

的場宏晃(Drums)

四国圏内を中心としたブルースイベントには欠かせないドラマー。守備範囲は広く、幅広いジャンルで活動。ブルースネットワークのメンバーのドラマー。