9月 September


■ 2019年9月2日(月) 

■ 出演者:三上寛 

■ 公演名:ロックに生きる 69歳 旅の途中<高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 予約期間:9/1(日) 23:59まで


<三上 寛 (みかみ かん) プロフィール> 

1950年3月20日青森県北津軽郡小泊村(現・中泊町)に生まれる。67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始める。 69年ライブ活動開始。71年レコードデビュー。タブーな性言語、日本の呪われた風習を題材にした「怨歌」を歌いセンセーショナルを巻き起こし、 日本を代表するフォークシンガーとして確立。デビュー50年・古稀を間もなく迎えて、 青森という土地をバックボーンにパワー溢れる津軽を原風景とした人間の 生き様を歌う自作の唄は、昭和・平成を越えて、新しい令和という時代の津軽民謡なのかもしれない。また詩人として詩集やエッセイも著書多数。ほかフィールドは広く、俳優(映画「世界で一番美しい夜」 「戦場のメリークリスマス」「トパーズ」などに出演) レポーター(NHK-TV「ふだん着の温泉」)などで活動。 

■オフィシャルサイト https://ameblo.jp/kan-mikami/


■ 2019年9月4日(水) 

■ 出演者:ガレージシャンソンショー×黒色すみれ 

■ 公演名:『眠れぬ夜の舞踏会』<高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途)

※ 予約期間:2019.9/3(火) 23:59まで


<ガレージシャンソンショー プロフィール> 

シャンソンの持っているブルジョアジー的要素を排除し、その毒性・変態性の部分を強く押しだし、例えダメ人間であろうともその思いの丈を包み隠さず赤裸々に舞台上でさらけ出す有様。生粋のバンドマンと 歌手という2つの顔を持っ ている山田晃士。その歌手の部分で何の束縛も制約もない”剥き出しの歌”に立ち返る事が出来る場所が佐藤芳明とのユニット【ガレージシャンソンショー】な のである。伝統としてのアコーディオン音楽に、敬意を払いながらもその保守的な姿勢に疑問を 抱く佐藤芳明。革新的で過激なアコーディオン奏者としての自分を追求でき る場所が山田晃士とのユニット【ガレージシャンソンショー】なのである。図らずも二人は、96年当時、山田はアルバム『モノローグシアター』録音の為、佐 藤はDaniell Mille氏に師事する為、パリに在住していたという経歴を持つ。【ガレージシャンソンショー】という名の由来は、そんな二人の欧州文化に憧れつつ もそれを悟られぬ様に皮肉ってしまう、といったややひねくれた天の邪鬼的 性質の表れである。実のところは、本物のシャンソニエの方々にお叱りを受けやしないかビクビクしている毎日。いや、お叱りを受けたいのかもしれない。http://www.koshiyamada.com

 

<黒色すみれ プロフィール> 

2004年「ぜんまい少女箱人形」でCDデビュー。 クラシック音楽を基調に、フランスのシャンソン、日本歌曲や大正ロマンのテイストをミックスさせたノスタルジックな楽曲が特徴。「ネオクラシックユニット」と銘打っている。 東京都内での演奏活動を中心としながらも、演劇作品や映画、アニメ-ション作品、アーティストへの楽曲提供・出演、ファッションモデルなどその活躍は多岐に渡り、その独自の世界観が認められ2007年~2009年にはヨーロッパツアー、アメリカのフェスティバルにも招待されている実力派アーティスト。 ハリウッドの奇才ティム・バートン監督は来日のたびに会いに行くほど彼女たちの才能に惚れ込んだ一人。その交友は10年以上になる。アンダーグラウンドのフィールドで活躍してきた二人だったが、近年では黒色すみれの完成された世界観と音楽技術の高さにメディアが注目し、テレビの音楽番組への出演も頻繁になる。 フジテレビ「MUSIC FAIR」で披露されたオリジナル楽曲「幸福な王女さま」は日本中を新しい音楽の世界に引き入れた。他にも同番組で由紀さおり、氷川きよしなど実力派アーティストとコラボレイトしている。https://www.kokusyokusumire.net


■ 2019年9月5日(木) 

■ 出演者:South Blues Band

■ 公演名:South Blue Night

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 入場料¥500(1オーダー別途)

【特記事項】 

※ 入場料金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

 

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います


<プロフィール>

ゴスペル、ロック、オールディーズ、そしてブルースの各ジャンルで活躍してる5人の音楽仲間が集まって誕生した「South Blues Band」!その名の通り往年のブルースはもちろん、R&Bなども演奏。


■ 2019年9月6日(金) 

■ 出演者:中村翔 OA:ウクレレキイチ 

■ 公演名:過ぎゆく夏の帳の内で<高松編> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 予約期間:2019.9/5(木) 23:59まで


<中村翔 プロフィール> 

千葉県出身の1982年生まれのシンガーソングライター。高校時代よりギターを始める。様々なバンド活動を経た後、2006年よりソロ活動開始。ジャンルレスな要素を取り込んだ楽曲を作り始め、自らボーカルをとるようになる。基本はギターによる弾き語りであるが、時にバンド編成など形態を変える。ビートのあるギターに温かみのある歌声が乗り、聴く者の耳を惹きつける。これまでに5枚のアルバムをリリース。2019年、4月「くじらの街」「Airplane」「会いに行くよ」を3日間連続で配信リリース。映像作品への楽曲提供など、全国津々浦々、精力的に活動中。 

■オフィシャルサイト https://www.nakamurasho.com

 

<ウクレレキイチ プロフィール> 

香川を中心に活動中のウクレレ奏者。ゲストを招いてのワークショップ、ライブの企画をはじめ、「Sweet Strings Ukulele Orchestra 高松」の運営・サポート講師を努めるなど、活動は多岐にわたる。弦楽器奏者DATE氏に師事。DATE氏とのユニット『ホロホロボーイズ』、JUGバンド『瀬戸内振り逃げダイヤモンズ』でも活動中。2016年ホロホロボーイズ、1stミニアルバム『holoholo time』発売。 

■オフィシャルサイト http://holoholomusic.jugem.jp


■ 2019年9月7日(土) 

■ 出演者:杉田 裕 (from THE JAYWALK) 

■ 公演名:1st Solo Live Tour“Most Gently” <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥5,000/当日¥5,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:9/6 (金) 23:59まで


<プロフィール> 

THE JAYWALK のボーカルとキーボードを担当。1980 年に結成された J-WALK のオリジナルメンバー。翌 1981 年アルバム「J-WALK」、シングル「JUST BECAUSE」でデビュー。1992 年「何も言えなくて...夏」で日本有線大賞有線音楽優秀賞、日本レコード大賞ゴールドディスク賞受賞。1993 年 NHK 紅白歌合戦出場。1994 年「不思議で素敵なクリスマス」でソロデビュー。1995 年アルバム「思い出に手を振って」発表。THE JAYWALK としての活動の傍、コミュニティFM 番組「THE BEATLES LOVER NO.5」のパーソナリティを務める。2019 年番組から生まれた自身の楽曲「きっといつかは」を含むオリジナルミニアルバム「きっといつかは~Dream On The Street~」と番組内でカバーしたビートルズカバー集「THE BEATLES COVERS From The Beatles Lover No.5」を同時発表。ソロライブ活動も勢力的に行う。 

■オフィシャルサイト http://www.jaywalk.co.jp


■ 2019年9月14日(土) 

■ 出演者:デ・オッシ OA:フルイカズキ 

■ 公演名:10周年ギャーテー・ギャーテー ツアー<高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 予約期間:2019.9/13(金) 23:59まで


<プロフィール> 

2009年夏にNolenNiu-de-Ossi(ノレンニゥー・デ・オッシ)結成。古都奈良を制作拠点とし、全国各地でライブを行う。海外へも進出。2010年初NYツアー、2011年にはMake Music NYなどのフェスも含む再NYツアー、2012年は東部から中西部まで7都市10公演のU.S.Aツアーを成功させる。2019年 NolenNiu-de-Ossi(ノレンニゥー・デ・オッシ) からDE-OSSI(デ・オッシ) に名称変更。和洋楽器を用い国境を越えた音楽性を内包。変幻自在のからくり音楽。 

■オフィシャルサイト https://de-ossi.com


■ 2019年9月15日(日) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年9月19日(木) 

■ 出演者:リクオ/ウルフルケイスケ 

■ 公演名:MAGICAL CHAIN CARAVAN Vol.5 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途)
※ 予約期間:6/2(日)~9/18(水)


<リクオ>

'90年11月、MMGからミニアルバム「本当のこと」でメジャーデビュー。ソウルフルなヴォーカルと幅広いソングライティング、ニューオリンズピアノ、R&R、ブルース等に影響を受けたグルーヴィーなピアノスタイルで、注目を集める。近年、コンスタントに発表される作品の充実振りによって、ソロ・アーティスト、シンガーソングライターとしての評価も増々高めつつある。http://www.rikuo.net

 

<ウルフルケイスケ>

「ミスタースマイル」の愛称でお馴染みの笑うギタリスト。ウルフルズのギタリストとして、1992年デビュー。ウルフルズとして活躍する一方、多数アーティストのレコーディングやイベントにも参加。不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに日本全国津々浦々を弾き巡る。そのスタイルは弾き語りからバンドまで多岐にわたり、自由でシンプルなスタンスでご機嫌なロックンロールを展開中!https://www.ulfulkeisuke.com


■ 2019年9月20日(金) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年9月21日(土) 

■ 出演者:中沢ノブヨシ 

■ 公演名:中沢ノブヨシの名前でデビュー10周年! 記念ライブ 第1弾 in 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 予約期間:9/20 (金) 23:59まで


<プロフィール> 

SOULやJAZZのカバー・ライヴを中心に活動してきた“GATZ”こと中沢ノブヨシ。2007年に、DREAMS COME TRUE WONDERLANDのバッキング・ヴォーカル・オーディションで約3,000名の中から抜擢され、44万人を動員したツアーに参加。そして2009年3月、シングル「夢物語」でデビュー。

■オフィシャルサイト http://nakazawanobuyoshi.jp


■ 2019年9月22日(日) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年9月25日(水) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年9月26日(木) 

■ 出演者:端山龍麿 w/エキサイト中條、鶴早大貴 

■ 公演名:R1 on R1 TOUR vol.2<高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥1,000/当日¥1,500(1オーダー別途)

※ 予約期間:9/25 (水) 23:59まで


<端山龍麿 プロフィール> 

1996年「陽のあたる道」でメジャーデビュー。その後NHKドラマ「ご就職」テーマのボーカルを担当するなどし、2008年アルバム「旅空」、2009年ミニアルバム「ROOTS」をリリース。ギター一本で全国を歌い巡るシンガーソングライター。アコギ一本で独特の世界に引き込む歌唱力、歌心溢れる楽曲はまさに龍麿ワールド。年間100~150本のライブをこなし、歌を届ける旅は会場となる街を更に増やしながらどこまでも続く。 

■オフィシャルサイト http://www.ryumaro.com


■ 2019年9月27日(金) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年9月28日(土) 

■ 出演者:THE COCKS

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年9月29日(日) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定