8月 August


■ 2019年8月8日(木) 

■ 出演者:RYO(KING)/我孫子神音會SEXX George 

■ 公演名:RYOとGeorgeのふたり旅2019

〜とことんやるばい!遊ぶたい!〜 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途)

※ 予約期間:6/10(月)0:00〜8/8(水)23:59まで


■ RYOオフィシャルサイト https://www.kingryo.com 

■ SEXX Georgeオフィシャルサイト https://ameblo.jp/abikoshinonkai/

 

【特記事項】 

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 

※ 入場順は、ご予約の方が優先となっております。 

※ 金額は税込となっています。 

※ チケット代金は当日受付支払いになります。

 

①RUFFHOUSE予約

②RYO予約 (https://www.kingryo.com/ticket-reserve/)

③我孫子神音會予約 (sexxgeorge@icloud.com)

【入場順】

①②③の整理番号順並列入場


■ 2019年8月9日(金) 

■ 出演者:トミタショウゴバンド 

■ 公演名:RUFFHOUSE 20th ANNIVERSARY トミタショウゴ Release Tour「今を生きていく。」 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:8/8 (木) 23:59まで


〈プロフィール〉 

香川県出身。シンガーソングライター。人生を揺さぶる言葉を 君に届くメロディーを 空間と心を震わせる歌声

ブルース、カントリー、フォーク、ソウル、ハードロック等、様々な音楽を通過した音楽性癖もありつつキャッチーなメロディーは自問自答、調和、日々の生活に浸透していくような詞と融合しトミタショウゴのポップソングとして表現されている。 ■オフィシャルサイト http://tomi-sho.net


■ 2019年8月10日(土) 

■ 出演者:タマキング、聞間拓 オープニングゲスト:山口こうじ 

■ 公演名:高松ラフハウス20周年記念公演「タマがタクでタクがタマ」〜セットリスト完全交換ツーマンLIVE!!〜 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:8/9 (金) 23:59まで。


この日しか見られないタマタクが自分の曲は一切歌わず、お互いの曲のみをカバーし合う1時間ずつのツーマンライブです!!!!!!!

■タマキング Twitter https://twitter.com/tamaking_strong 

■聞間拓 オフィシャルサイト https://www.takukikima.com


■ 2019年8月11日(日) 

■ 出演者:西日本マンダム w/黒神 

■ 公演名:サマーツアー高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:8/10 (土) 23:59まで


<西日本マンダム プロフィール> 

おれたちゃすっからかん!「西日本マンダム」 。マンダムの香りとブルースをこよなく愛する義理と人情に厚い博多のブルースベーシスト故柴藤耕一郎のもと2007年結成。福岡山口秋田のほぼウエストジャパン出身の五人組。ドラムの伊藤孝喜は現在韓国のメジャーバンド「コプチャンチョンゴル」に在籍し、2013年韓国に移住。2017年2月16年間従事したソウル・フラワー・ユニオン脱退。福岡出身のキーボーディスト石井啓介は山部善次郎バンド、シーナ&ロケッツなどのめんたいロック関係やフールズ、ランキンタクシー、布谷文夫、、ブレイクダウン、山口富士夫などなどロック界では引く手あまたの名バイプレーヤーで映画音楽制作もこなす。同じ福岡出身のハーピスト、中村コージは妹尾隆一郎に師事しシカゴでも吹いていたらしい。そして同じハーピストでもかなり珍しいバスハーモニカを操る天才、有野剛はジャンルを超えて活躍中。バンドの中心ボーカル、ギターのカメはかって某レコード会社に所属しプロギタリストとしても活動、そのソウルフルでパワフルなボーカルでバンドを牽引する。またエレキ楽器のまったくないロックバンドとも言われてる様です。心地よいグルーブとペーソス溢れる曲がなんともいえない芳醇な味をかもし出す、ん~マンダム!(ミュージックライン北千住紹介文より抜粋&加筆) 

■オフィシャルサイト https://bluesbaka.exblog.jp


■ 2019年8月12日(月) 

■ 出演者:THE COCKS

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年8月14日(水) 

■ 出演者:鈴木純也、夢野カブ、ユメノツヅキ 

■ 公演名:ユメノツヅキTour2019 〜夏のジンジン〜 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:8/13 (火) 23:59まで。


■夢野カブ オフィシャルサイト http://www.craw-fish.com/

■鈴木純也 オフィシャルサイト https://twitter.com/ohio101_junya

 

【特記事項】 

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 

※ 入場順は、ご予約の方が優先となっております。 

※ 金額は税込となっています。 

※ チケット代金は当日受付支払いになります。


■ 2019年8月15日(木) 

■ 出演者:優理、金谷好益、セトモノ 

■ 公演名:こころのかたちツアー 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥1,000/当日¥1,500(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:8/14 (水) 23:59まで。


<優理 プロフィール> 

シンガーソングトレーナー!シンガーソングライター、少年のような唄声に乗った言葉が心をチクリと刺激する。パーソナルトレーナー。筋肉と内臓の機能改善で、あるべき身体を取り戻すトレーニングを提供する。2足のわらじで生きる生き様を唄い、出会う人の心と身体を幸せにする。■オフィシャルサイト https://aboutalove.jimdo.com

 

<金谷好益 プロフィール> 

関西を中心に関東、九州などでも精力的に活動中。身一つ、ギター1本で何にだって立ち向かう。日常的な言葉が散りばめられた歌は時に感情的で時に柔らかくて、金谷好益そのものが映し出されている。喜怒哀楽がはっきりと描かれた楽曲はあなたの日々に入り込む。■オフィシャルサイト kanayayoshimi.jimdo.com

 

<セトモノ プロフィール> 

トモとマーシャによる男女ユニット。愛媛県の四国中央市、松山市を中心に活動中。お互いにシンガーソングライターとしてソロ活動もしています。■オフィシャルサイト https://twitter.com/setomonodamono?s=09


■ 2019年8月16日(金) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年8月17日(土) 

■ 出演者:前田和亮×KAZU OA:鶴早大貴 

■ 公演名:Keep On Groovin’ 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:8/16 (金) 23:59まで


<前田和亮 プロフィール> 

「手渡しで届ける音楽」を大切にしながら、ストレートな歌声を全国に届ける、旅するシンガーソングライター。聴く者の心を包み込むようなボーカルだけではなく、グルーヴィーかつ繊細なギターの腕前にも定評がある。またプライベートでは、コーヒー好きが高じてバリスタとしての顔も持つ。2012年より年間100本以上のライブを行っている。 

■オフィシャルサイト http://maedakazuaki.com

 

<KAZU プロフィール> 

ドラマー&パーカッショニスト。東京ディズニーランドのバンドオーディション合格をきっかけにプロ活動を開始。近年は八代亜紀、福原美穂、May’n、花*花、他多数アーティストのライブやRECに参加。Motion Blue YOKOHAMA、渋谷JZ bratなどでイベントを主催。2012年ドイツのカホン動画コンテスト「schlagwerk video awards 2012」で世界11位(日本1位)。歌心あるグルーヴィーなドラミングと独自のスタイルを追求したカホンプレイには定評があり、そのパッション溢れるプレイはコラボレーションする相手を選ばない。これまで日本全国各地、スペイン、ブラジル、中国、台湾、韓国で演奏。スペインではジャパンフェスのビッグステージでソロライブも敢行。ドラム『CANOPUS』、シンバル『Zildjian』、カホン『遼天カホン工房』のエンドーサー、新進気鋭のパーカッション『aFrame』ユーザー。2017年自身初となる打楽器演奏のみで構成されたソロアルバム「Roving Drummer」をリリース。2019年、2ndアルバムをスペインRECで制作中。 

■オフィシャルサイト https://ameblo.jp/drumkazu/


■ 2019年8月18日(日) 

■ 出演者:道見舞美、北 真紗子 

■ 公演名:道見舞美の春夏秋冬 -夏- 〜夏EP"虎視眈々"リリースツアー 高松編〜 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥1,500/当日¥2,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:8/17 (土) 23:59まで


<道見舞美(どうみまみ) プロフィール> 

北海道札幌市出身 東京在住のシンガーソングライター。音楽を愛し、音楽に愛された女。2019年、春夏秋冬計4回の弾き語りEPリリース&全国ツアー開催が決定。季節が巡るたびに、ロックスターはやってくる 

■オフィシャルサイト https://doumimami.wixsite.com/official

 

<北 真紗子(きた まさこ) プロフィール> 

長崎生まれ、岡山育ち雑種SSW。好きな事は食べること。現在は岡山・香川を拠点に活動している。日々生活と共に溢れた喜怒哀楽を、パワフルな言葉とメロディに乗せ、ライブを通して私もあなたも前向けますようにと歌っている。。 

■オフィシャルサイト https://kita-masako.jimdofree.com


■ 2019年8月19日(月) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年8月23日(金) 

■ 出演者:鬼頭径五 

■ 公演名:ロックンロールパラダイスツアー <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年8月22日 (木) 23:59まで


きとう・けいご 

1961年横浜生まれ。10代の頃より地元京浜地区を中心にいくつものバンド活動を経験する。88年にCBSソニーよりデビュー。その後、いくつかのバンド、事務所を経て、アコースティック、R&Rバンドと様々なスタイルにありながらも、一貫してその圧倒的な声の存在感と詩の世界を持ち、常にフロントに立ち歌い続ける。 2001年9月より、ロックイベント[THE NIGHTS!]を開催(メンバーは内藤幸也:G、寺岡信芳:B、氏永仁:D など)。03年4月まで8回にわたって行う。以後はソロとして弾き語りのライブを行うとともに、バンドセットでの活動も始め、弾き語りスタイルで3枚、バンドでの作品を1枚、自主制作盤を発表。 08年 自身のプロデュースによるイベント[路地裏ダイヤモンズ興行]開催。 塚本晃、山田晃士、羽原裕太郎など、ボーカリストたちとのカップリングツアー。 5月よりソロ活動と並行しバンド[Soulshine(ソウルシャイン)](鬼頭径五:V&G/宮城司:G/本多慶舟:B/堀江睦男:D)も本格的に始動。10年2月 鬼頭径五と弦楽四重奏団「moment String Qurtet」とのコラボレーションという企画で、銀座アップルストアにてライブ。この後、神戸チキンジョージでのイベントでもジョイント。 11年 Soulshine 堀江(D)に代わり、伊藤孝喜(Soul Flower Union/コプチャンチョンゴル(韓国)etc. )加入。高円寺の老舗ライブハウスJIROKICHIでのライブを月一度のペースで始める。 10月30日 Soulshineファーストミニアルバム「Naked Shine」リリース。リリースツアーを行う。福岡での初ワンマンライブを盛況裡に終える。 12年1月27日 Soulshine ソウル・弘大「Strange Fruits」にてライブ。「コプチャンチョンゴル」と共演。 4月12日 oulshine ライブアルバム「R&R MEETING」リリース。13年 Soulshine 伊藤(D)に代わり、ロジャー高橋を迎える。バンドの活動と並行して「Natural Trip Tour」と名付けたソロツアーをスタート。以後、一年に3〜4回のペースで名古屋〜九州と西へのひとり旅を続ける。 14年12月、メンバー脱退のため、Soulshineが活動休止に入る。 15年2月11日 ソロアルバム『Soulshine』発売。 サポートギタリストに千井塔子(ex.プロペラ)が参加。東名阪、広島、九州へとリリースツアーを精力的に行う。 リリースツアーファイナルは鬼頭の地元・川崎でのワンマンライブ。最終日のスペシャル企画として自身初の投げ銭ライブとなり、大盛況のうちに終える。この頃からほぼ毎月のペースで下北沢lownにて「アリエナイウタ」と名付けたライブを行う。毎回、自ら声をかけた共演者とのライブはセッションも含め、好評を博している。 2016年〜 東京、横浜でのライブと名古屋、大阪、広島、九州を定期的にツアー。12月30日 年末恒例となったワンマンライブ「鬼が笑う夜」にて久々にバンドでのセットで行う。メンバーはほかに千井塔子(G:ex.プロペラ)、市川"James"洋二(B:ex.The Street Sliders)、伊藤孝喜(D:ex.Soul Flower Union)。 2017年〜 “ギター1本でロックンロール” すべく、日々ステージに上がる。 ■ オフィシャルサイト http://santa-no-site.meganebu.com


■ 2019年8月24日(土) 

■ 出演者:未定 

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途) 


後日公開予定


■ 2019年8月25日(日) 

■ 出演者:住出勝則 

■ 公演名:~今夜は100%歌気分 高松編~ 

■ 開場 17:30/開演 18:00 

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年8月24日 (土) 23:59まで


<住出勝則 プロフィール> 

75年にフォーク・グループ『シグナル』のメンバーとしてデビューして以降、日本のフォーク/ポップス・シーンで活躍していた住出勝則(Masa Sumide)さんが、アコースティック・ギター・ファンの間で話題となっている。99年にソロ・フィンガースタイル・ギタリストとしてアルバム・デビューしてから、毎年ソロ新作を発表し続けて来た住出勝則。これは物凄い事だ。国内外のアコースティック・ギター・シーンでも前例のない事だと思う。住出勝則という1人のギタリストの才能と技量と努力が「年に1作の優れたソロ作」のリリースを実現させてきた。この事は、いくら褒めても褒め過ぎる事はないのではないだろうか。一聴して解る他の日本人アコースティック・ギタリストには無いリズム感覚とタイミング、複弦のスライドや右手親指によるファンキーなベース・ライン等々、卓越したテクニックと唯一無二の音楽スタイルを持っているのだが、それでいて彼が創り出すギター音楽は、あくまで親しみやすく聴く者の耳に届く。それは、彼のライヴ・パフォーマンスにも表れている通り、人の心を和ませる「ワザ」を彼が知っているからだろう。

■オフィシャルサイト http://www.masasumide.com


■ 2019年8月26日(月) 

■ 出演者:鶴早大貴、西原龍雲 ゲスト:上野誠

■ 公演名:Nage-Sen Acoustic Convention

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 入場無料(1オーダー別途)※投げ銭制 


<上野 誠 プロフィール>

ブルージーなフィンガーピッキングとロックなストロークでGuildのフルアコを操り、ルーツミュージックに根ざしたオリジナル曲を届けに年間100本以上のライブを全国各地で展開するシンガーソングライターでブルーズマン。2011年「New standard」、2014年「うそのまこと」を発表。現在3枚目をレコーディング中。