3月 March


■ 2019年3月1日(金) 

■ 出演者:西川ユウヒスキー
■ 公演名:
ワンコインライブ~西川ユウヒスキーのカバーソングライブ「みんなのうた」

■ 開場 19:30/開演 20:00

■ 入場料¥500(1オーダー別途)


香川県出身。元坊ちゃん刈り、元教師。高校時代は、演劇に出会い、役者に没頭。大学時代には、持ち前の不器用に拍車をかけ、魂の叫びのように歌い出す。本能的に心を歌う、ロックバラード弾き語リスト。ドラマチックシンガーソングライター。2018年夏「自分をあきらめるな。」リリース。
■ オフィシャルサイト http://yuhisukii.sakura.ne.jp/


■ 2019年3月2日(土) 

■ 公演名:噂のレコード鑑賞会 vol.10

■ 開場 19:00/開演 19:30/閉演 23:00

■ 入場無料(1オーダー別途) 

※ FOOD類持込OK!


約140年前にトーマス・エジソンが実用化に成功した蓄音機は、世界で初めて録音再生を可能とした画期的な機器だった。懐かしの昭和歌謡からロック~ジャズまでアナタのご自慢の盤を持ってきてください。このイベントはアナタが主役!フード類は持込OK!飲んで食べて聴いて楽しんで~

<ルール>

・おひとり1曲交代でおかけください。

・曲名、アーティスト名や思い出など、簡単に説明お願いします。

・レコードの懐かしい音色を大音量で楽しんでください。

・リスナー大歓迎!


■ 2019年3月3日(日) 

■ 出演者:OK's (大塚直之&武内正陽) w/宅嶋淳 

■ 公演名:Bland new revel hippy ツアー 2019 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途) 

※ 前売受付期間:2019年3月2日 (土) 23:59まで。


<プロフィール> 

80年代後半~90年代にかけて博多で活躍したオリジナルロックンロールバンド「JUG & BOOGIE BOX」のヴォーカルで、博多を代表するシンガーの大塚直之、NO MISS GUITARS、THE SWISS GUITARS、ザ・エチケッツ等で一年中全国を飛び回るギターの武内正陽、の二人のアコースティックユニット。変幻自在な楽曲を変幻自在に操るライヴを各地で展開している。2018年、1st,アルバム『Bland new revel hippy』を発売。


■ 2019年3月8日(金) 

■ 出演者:矢野絢子 

■ 公演名:栞~行間のメロデイ~ <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付:3/7 (木) 23:59まで。

※ 出演者募集中


明治、大正、昭和の詩人たちの遺した言葉と矢野絢子の歌とピアノが出逢う時。朗読を交えつ、文学と音楽の恋の夜。

<矢野絢子 プロフィール> 

2003年第1回軽井沢ラヴソングアウォードに出場し、グランプリ獲得、 2004年メジャーデビュー。2004年度ゴールドディ スク新人賞受賞。2016年予てから親睦の深いバンド、ブルームーンカルテットの富永寛之氏g、黄啓傑氏tpとのトリオ「PETER PAUL& 絢子」 を結成。初の洋楽日本語カバー「SINGS1」をリリース。自作の詩を乗せて歌う洋楽カバーはライヴでも定評がある。歌うたい歴20周年を迎えた2017年、11枚目のオリジナルフルアルバム「ミチスガラ」をリリース。 

「うまれた場所でしんでゆく、そんな草木のような、当たり前に寄り添えるうたを残したい。」 

 

■オフィシャルサイト http://www.yanojunko.net/


■ 2019年3月10日(日) 

■ 出演者:Dr.Capital(ドクターキャピタル) 

■ 公演名:四国音楽旅@香川 

■ 開場 18:00/開演 18:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付:3/9 (土) 23:59まで。

出演者募集中


<プロフィール> 

Dr.Capital(ドクター キャピタル)はアメリカ、南カリフォルニア大学、北テキサス大学の教壇に立つ現役の音楽教授であり、音楽博士です。洋邦の名曲を強烈な関西弁でおもしろく、わかりやすく解説する「音楽理論講座」のYouTubeへの公開をきっかけにブレイクしました。「関ジャム 完全燃SHOW」、「ミュージックステーション」など、人気番組への出演も相次いでいます。昨年はNHKの四国のイベントに出演してアンジェラ・アキさんの書き下ろした「ふるさとの色」のアレンジなどを担当し、本番は丸山純奈ちゃんとステージに立ちました。 

■オフィシャルサイト http://www.dr-capital.com


■ 2019年3月13日(水) 

■ 出演者:こみいいまBluesBandでショー
■ 公演名:
ワンコインライブ

■ 開場 20:00/開演 20:30

■ 入場料¥500(1オーダー別途)


4人で、少し関西よりの熱いBluesをお届けします。

Toshiyuki Kominami (G)  

Kenichi Iima (vo,Gt)

Sakata Kazuo(Ba)

Cozy yoshida (Dr)


■ 2019年3月14日(木) 

■ 出演者:井上ヤスオバーガー  OA:エキサイト中條

■ 公演名:すべてを音楽にかえるツアー 2019 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月13日 (水) 23:59まで。 

出演者募集中


<プロフィール> 

人間よりも人間臭い、シンガーソングライターという生き物。爆笑と感泣を繰り返し、すべてを音楽にかえるライブマシーン。40代に突入した今も尚、貪欲に高みを目指して、身体がちぎれそうなくらいにがむしゃらにもがき抗う少年。意表を突くようなシチュエーションから、最終的に共感と感動を呼ぶ独創的で振り幅の広い楽曲多数。熱く優しい太陽の歌声と天真爛漫な愛くるしいキャラクターでの強烈なライブパフォーマンスは各所で高い評価を受け続けて、毎年150本以上の全国ツアーを続行中。また、ミュージシャンからの評価が際立って著しく、毎年秋に京都府長岡天満宮で主催している野外フェス「長岡京ソングライン」(2015年 第8回目=4500人動員)では、その音楽と人柄を慕ったミュージシャン50組以上が全国から集まり、シーンをリードする動きにも力を注いでいる。 

「一瞬でその場の空気をかっさらい、その場にいる人の心に入り込んでくるー」 

「ライブでこんなに言葉が胸に飛び込んできたシンガーは初めてだー」 

「腹を抱えて笑ってしまう"ふざけたMC"と、涙がこぼれてしまう”熱い歌”とのギャップがたまらないー」 

「井上ヤスオバーガー、この才能はそのうち必ず売れるだろうー」 

■オフィシャルサイト http://yasuoburger.com


■ 2019年3月15日(金) 

■ 出演者:ナオリュウ -NAORYU- 

■ 公演名:ナオリュウ 九州・四国・関西ツアー 2019 vol.1 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月14日 (木) 23:59まで。 

出演者募集中 


<プロフィール> 

福井県出身、東京在住の女性シンガーソングライターであり、日本で1位、世界で2位のルーパーアーティスト。自身で作詞・作曲・編曲・演奏(ボーカル・ギター・フルートなど)すべてをこなすマルチプレイヤー。 ルーパー世界大会では、スティーヴ・スティーヴンス等、著名ミュージシャンの審査で2位となり、「イングウェイ・マルムスティーン」と同じステージに立つ。2013年2月に世界デビューを果たし、同年12月には4枚目のアルバム「四.二疊のRhapsody」を発売。初回生産1000枚を完売。2015年11月には自身初となる1st Single「東色(ひがしいろ)」、翌2016年4月に2nd Single「西色(にしいろ)」、同年9月に「南色(みなみいろ)」を発売。そして、方角シングルシリーズ、最後の4枚目となる「北色(きたいろ)」を2017年4月12日に発売。シングルトータルセールスは2000枚を超える。(2018年4月時点)、また同年9月13日には自身初、世界2位を受賞したルーパーを使用したライブ模様を収めたライヴDVD「LOOPER LIVE "2017"」を発売。その売上のほとんどを、音楽の原点に立ち返った生声、生ギターによる完全アンプラグドのキャンペーンミニライヴ(ナマ流)で販売し、ミュージシャンとしての技術力の高さと、技術を飛び越えた「魂」の歌声が人々の感動を呼び、その盛り上がりは、テレビ、ラジオ、新聞、ラジオなど、各方面から多数取材が入るほどとなっている。最先端の音楽表現ツール「ルーパー」、かたや、時代にとらわれない普遍的な生声・生ギターでのアコースティックな表現、一見相反するように見える二つの表現が共存するのが、ナオリュウそのもの。自分一人で表現できる限界に挑戦し続ける孤高の女性シンガーソングライターである。 

■オフィシャルサイト http://www.naoryu.info/


■ 2019年3月16日(土) 

■ 出演者:cherry boys blues band
■ 公演名:
ワンコインライブ

■ 開場 20:00/開演 20:30

■ 入場料¥500(1オーダー別途)


<cherry boys blues band プロフィール>

デビッド近藤(G.Vo) 的場宏晃(Dr) 小林泰彦(B)


■ 2019年3月17日(日) 

■ 公演名:ブルースレコード鑑賞会 vol.4

■ 開場 19:00/閉演 22:00 

■ 入場無料(1オーダー別途)


ブルースを好んで聴くという人は意外なほど少ない。しかし聴かせてみると皆いいねと言う。そこで、RUFFHOUSEが選りすぐったナンバーをDJスタイルでお届けするBLUES RADIO SHOW。解説付きなので、わかり易い。これぞ、BLUES入門編RADIO SHOW!飛び込みDJも大歓迎。アナタ好みのCDやレコードをご持参ください。

<ルール>

・おひとり1曲交代でおかけください。

・曲名や思い出など、簡単に説明お願いします。

・家では聴けないくらいの大音量でお楽しみください。

・聴くだけでもOK!


■ 2019年3月18日(月) 

■ 出演者:本間章浩 

■ 公演名:アコースティックツアー 2019 in 四国 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月17日 (日) 23:59まで。 

出演者募集中


<プロフィール> 

80年代から「赤と黒」のギターとして新宿ロフトを中心に全国で1000本以上のライブを展開。赤と黒、解散、再結成の後、1996年クラウンレコードよりメジャーデビュー。90年代からは、自らのバンド「King Biscuit Time」の活動も開始。現在、「King Biscuit Time」(Vo&G)、「nickey&the Warriors」(G)、「赤と黒」(G)、他などで全国でライブを展開中。 

 


■ 2019年3月19日(火) 

■ 出演者:THE COCKS 

■ 公演名:REVOLUTION ROCK Vol.28 

■ 開場 20:30/開演 21:00 

■ 前売¥1,200/当日¥1,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月18日 (月) 23:59まで。 


<プロフィール> 

What's My Name?自分が何者なのか、ふとわからなくなる不確かなこの時代。5人の騎士がいま、むき出しビートでカオスの世界をぶち破る。 

■THE COCKS https://www.facebook.com/The-COCKS-305631706142827/


■ 2019年3月20日(水) 

■ 出演者:小川洋一郎 

■ 公演名:To The Limit Tour 2019 春の四国 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月19日 (火) 23:59まで。 

出演者募集中


<プロフィール> 

85年 伝説のRock’N’Rollバンド ‘ KINGSIZE ’結成時にベーシストとして参加。88年 アルバート・コリンズ来日 O.A.の壮絶なステージは今だに語り継がれている。脱退後89’自身のリーダーバンド‘ GOLDRUSH ‘を結成。2枚のアルバムを発表。全国規模のツアーを展開し、各地にて熱狂的な支持を得るものの94’活動休止。20年の時を経て2014年4月より音楽活動を再開。2014年9月全編アコースティックギターの弾き語りによるソロアルバム’ Stand Alone ’を発表。2016年3月セカンドアルバム ’On The Road Again ' を発表。2016年には年間205本にも及ぶライブツアーを展開。2018年3月に3rdアルバム ”One by One”を発表。2017年には216本のライブツアーを敢行した。現在も全国的なライブツアーを展開し、各地で聴く者のたましいをゆさぶっている。 

■オフィシャルサイト http://www.ogawa4016.com/


■ 2019年3月21日(木) 

■ 出演者:トミタショウゴ×市川セカイ 

■ 公演名:empty-minded tour <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月20日 (水) 23:59まで。 

 

出演者募集中


<トミタショウゴ> 

人生を揺さぶる言葉を君に届くメロディーを空間と心を震わせる歌声。ブルース、カントリー、フォーク、ソウル、ハードロック等、様々な音楽を通過した音楽性癖もありつつキャッチーなメロディーは自問自答、調和、日々の生活に浸透していくような詞と融合しトミタショウゴのポップソングとして表現されている。 

■オフィシャルサイト http://tomi-sho.net

<市川セカイ> 

透き通った声、耳に残るグッドメロディ。ルーツを感じる音楽性に、短編小説のような作風も持ち聴いた人からは「美しい音楽」と形容されるシンガーソングライターである。 

■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com


■ 2019年3月22日(金) 

■ 出演者:宅嶋 淳 w/チエルーム

■ 公演名:シンガーソングライター Vol.3

■ 開場 19:30/開演 20:00

■ 入場無料(1オーダー別途)
※ 投げ銭制となっておりますので、お気持ちをお願いします。


<宅嶋淳 プロフィール> 

1967年福岡生まれ 。小学校の頃に姉の影響でフォークギターを始め、中学校でエレキギター、ドラムをいじりながら音楽に近づく。高校からライブハウスやイベントにどっぷりハマり、プロになろうと家出し、上京するも挫折し復学。ライブハウスやレコード店で働きながら自分のレーベルを持とうと、玄界灘音楽事務所を設立。遠藤賢司に強い影響を受ける。会社をいくつも倒産させつつ現在は「kusaongaku」と称してライブの企画運営を継続中。全国の音楽人との繋がりも多い。福岡→滋賀→大分→大阪→広島→福岡と西日本を転々とするも、現在岡山市に居住。ライブバーでの弾き語りを中心に活動中。見た目がカンニング竹山、声はエルヴィス・コステロ、気持ちはルー・リード。オリジナルはカヴァーされることが多く、また、洋楽に自分で日本語詞をつけているものも多い。いくつものバンドを経て、1995年に自身のバンド「bigmama」を結成。他に、福岡の悪い仲間「よかよかズ」にも参加し、イベントやフェスを中心に出演中。2015年、2016年には梶浦雅弘(ex.THE MODS)が展開するTHE ONE NIGHTSにも参加。ロックレジェンド各位に負けないローカルバンドの1人として毎回完全燃焼。2017年6月1日。自身の「kusaongaku」からソロアルバムとして、ガットギター1本の弾き語りアルバム、「さよならマチルダ」(CDR)を発表。 

■オフィシャルサイト http://kusaongaku.jugem.jp/

<チエルーム プロフィール>

2007年クロマチックアコーディオンと出会いソロ弾き語りを開始。フェイターン(vo,テルミン)とのユニット「沼娘(ぬまっこ)」でも活動中。根っからのミーハー+妄想癖が機能した声色・感情の多様性。ポップス・歌謡曲をベーシックにしながらも変拍子がさりげなく挿入されるトラッドなメロディとリズム。平安女流文学の影響を多大に受けたその歌詞への拘りと美意識は、現在展開中の「劇場型チエルーム」と銘打った一人芝居と唄のライブに繋がっている。

■オフィシャルサイト http://chieroom.com/


■ 2019年3月23日(土) 

■ 出演者:勝詩/ナカノアツシ/タマキング OA:mii 

■ 公演名:春の三歌 <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月22日 (金) 23:59まで。

SOLD OUT !


<勝詩 プロフィール> 

瀬戸内海に浮かぶオリーブの島「小豆島」出身のミュージシャン、勝詩-Katsushi- 。島の情景や海や空、人との関わり、島への想いを唄に乗せ、関東、関西を中心に活動中。清涼感あふれる歌声とともに、島の風を感じてください。 

■オフィシャルサイト https://oliveislandmusic.jimdo.com

 

<ナカノアツシ プロフィール> 

2004年、GRAND COLOR STONEででメジャーデビュー。'14年からボーカル、ナカノアツシの生まれ育った大阪府高槻市にて無料野外音楽フェス『高槻魂!!』を主催し14年は5,000人、15年は6,500人、16年約1万人、17年・18年と1万人を超える動員と毎年大好評の大盛況な大成功で記録と記憶を更新中。秋の『ぐるぐる魂!!』と季節毎に高槻と音楽愛にあふれた一球入魂イベントも開催しどれも好評を得ている。 

■オフィシャルサイト http://grandcolorstone.com

 

<タマキング プロフィール> 

全国を歌い歩いて修行中!元気モリモリ39歳。昨年は310本LIVEをして、今年はまた新しいチャレンジを企ててます!バンド「セクシーパンサー」のボーカルでもあります!! 

■オフィシャルサイト http://www.sexypanther.net/


■ 2019年3月24日(日) 

■ 出演者:アヤヲ、Emi Tem Happy Drawbar 

■ 公演名:アヤヲ&エミテムの!「HOP!STEP!SPRING!!」〜アヤヲ「ひとりごと」発売記念ツアー2019春〜 <高松公演> 

■ 開場 18:30/開演 19:00 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月23日 (土) 23:59まで。

※ 小学生以下無料(要1D)、中学生・高校生500円割引(要1D)


2018年11月に発売となったアヤヲ1stAlbum「ひとりごと」発売記念ツアーとしてエミテムハッピードローバーと共に岡山〜四国を旅する春のツアーが決定!

3/22(FRI)岡山MO:GLA 

3/23(SAT)高知Cafe and Dining zero 

3/24(SUN)高松RUFFHOUSE

 

<アヤヲ> 

三重県出身・京都在住のヴォーカリスト・シンガーソングライター。「Gulliver Get」のヴォーカルとしてメジャーデビュー。関西を中心に全国でライブ活動を行う。バンド解散後、休養期間を経て、活動を再開。切なくて、苦しくて、優しくて、あたたかい音楽を目指し、のんびり唄い中。神戸学院大学のやぶらぶプロジェクトに参加。町作りに夢中。2018年11月24日 1st solo Album『ひとりごと』リリース。 

★オフィシャルサイト 

http://ayawo.net/ 

★参考映像 

https://youtu.be/Ij_zV4y4nfQ

 

<Emi Tem Happy Drawbar> 

シンガーソングライター山田明義(Vocal&Guitar)と、オルガン奏者花田えみ(Hammond Organ)によるアコースティックデュオ。素朴な詩、懐かしくて温かなサウンドを奏でながら"ハッピーの引っ張り棒"となるべく全国各地で元気に演奏活動中。1stミニアルバム数量限定発売中。エミテム企画「Happy Poppy Party」も不定期開催中。 

★オフィシャルサイト 

http://akiyoshi.me/emitem 

★参考映像 

https://youtu.be/GZ5i4vHc13A


■ 2019年3月25日(月) 

■ 出演者:八幡屋
■ 公演名:
ワンコインライブ

■ 開場 20:00/開演 20:30

■ 入場料¥500(1オーダー別途)


<八幡屋 プロフィール>

2012年に結成。高松市内を中心に活動中のR&B、Bluesバンド。


■ 2019年3月26日(火) 

■ 出演者:流 -nagare- 

■ 公演名:Acoustic Live『2019もよろしくね♪』<高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月25日 (月) 23:59まで。 

 

出演者募集中


<プロフィール> 

北海道・音更町出身 

十勝平野で8人家族の中、たくましく育つ。三角堂の活動を休止後、2006年からソロとして活動。弾き語りライブを中心に、“一万人に会いにいく”を目標に旅する歌うたい。■オフィシャルサイト http://nagare.us/


■ 2019年3月27日(水) 

■ 出演者:山根万理奈 w/はたなか圭一 

■ 公演名:"愛の me” リリースツアー <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2019年3月26日 (火) 23:59まで。 

出演者募集中


<山根万理奈 プロフィール> 

2012年のメジャーデビュー(アル バム「空な色」ワーナーミュージッ クジャパン)から、毎年オリジナ ルのフルアルバムをリリース。 8枚目になるアルバム「愛の me」 (アイのミーと読む)をバーガー インレコードよりリリース。 昨年のアルバム「海とダイヤ」に 引き続き、地元松江でプロデュー サー別府克彦氏と制作。 山根万理奈節炸裂とも言える、あ る意味イナタサのあるしっかりと した楽曲を、めちゃいい音のバン ドサウンドがきっちりと支え、そ の上で、変幻自在のヴォーカルが 自由に舞う、オリジナルなポップ スタイルで聴かせる。 サウンド面では、前作に引き続き バンドサウンドを基本にしながら、 今作では大胆にストリングスを導 入。より楽曲に寄り添う、自由な アレンジで曲を彩ることに成功。 年間100本を数えるライブで全国を 行脚しながらの毎年のアルバム制 作。いつまで続けられるのであろ うか? 今年30歳。キャリアに裏打ちされ たテクニックや余裕よりも、より しなやかに穏やかに歌うことを覚 えたようだ。ライブでも音源でも 歌は自由度を増している。 3月から全国70箇所をツアー。9月 1日には地元松江で3回目となる ホールワンマンコンサート「歌っ て happy ! 2019」を開催。 

■オフィシャルサイト https://www.yamanemarina.com

 

<はたなか圭一 プロフィール>

香川県出身、シンガーソングライター。ポップを基盤とした幅広い音楽性を武器にギターとピアノを使い弾き語りを中心にライブを行う。また、サポートピアニストとして歌い手のバックとしても演奏活動する他、近年は舞台俳優にも挑戦し、活動の幅を広げている。2014年「被災地へピアノをとどける会」と提携し、ミニアルバム「旅の途中」をリリース。以来、被災地支援のチャリティーとしても自らの音楽活動を行っている。2017年1月、下北沢音倉にて初のワンマンライブを開催、超満員にて成功を収める。以降、東京を中心に定期的に自主企画ライブを開催。全てを満員で成功させている。2018年8月、待望のフルアルバム「カラフル」をリリースし、レコ発ライブツアーを敢行。また同年12月、ミュージカル公演「Zoo!」にて主役として初の舞台に立つ。


■ 2019年3月28日(木) 

■ 出演者:山口洋(HEATWAVE) 

■ 公演名:the boy 40 tour <高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途) 

※ 前売受付期間:1/19~3/27 (水) 23:59まで。


<山口洋 プロフィール> 

1979年ヒートウェイヴ結成。ヒートウェイヴではヴォーカル、ギターを担当し、大半の作詞作曲を手掛ける。バンドの活動と並行して、ソロ活動も活発に行っている。矢井田瞳や浜田亜紀子(GO!GO!7188)等のプロデュース、ギタリストとして多数のミュージシャンのアルバム、ライヴへの参加。また、リアム・オ・メンリィ(ホットハウス・フラワーズ)やドーナル・ラニー、キーラなどの海外ミュージシャンとの共演や、アニメーションのサウンドトラック制作など、世代や国境、ジャンルを越える多彩な活動を行っている。 

■オフィシャルサイト http://no-regrets.jp/


■ 2019年3月29日 (金)

■ 出演者:Chirolyn

■ 公演名:Acoustic Tour ~ Made in Heaven 2018-2019 高松公演

■ 開場 19:30/開演 20:00 

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途) 


 

※)オリジナル ピクチャーチケット対象のメール予約期間は12月14日(金)~3月19日(火)23時59分までです。期間を過ぎてのメール予約はオリジナル ピクチャーチケット対象外となり、通常の前売り料金での取り置き扱いとなります。当日受付にて前売りチケット料金と1ドリンク代をお支払いください。

※ アーティストホームページ http://www.chirolyn.jp


■ 2019年3月31日(日) 

■ 出演者:Yoshino&Masae 

■ 公演名:全国ツアー2019<高松公演> 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:3/30 (土) 23:59まで。 

 

出演者募集中


<Yoshino&Masae プロフィール> 

鹿児島県を拠点に全国で活動する男女アコースティックデュオ。2013年に結成し、結成3年目には全国47都道府県制覇を達成。その後、3年連続で全国47都道府県制覇するなど走り続けている。”よしまさ”の音楽はジャンルや世代を超え聴く者の心に語りかけ『魂』を揺さぶる。様々な土地に生きる人々との一期一会の出会いを糧に魂の込もった歌を全力で表現する。全国を各地を周り、歌い続ける二人の歌をライブで体感してみませんか? 

■オフィシャルサイト https://www.facebook.com/yoshino.masae/