5月:May



■ 2018年5月1日(火) 

■ 出演者:聞間拓×村岡広司 O.G コノハコトノハ 

■ 公演名:【一音打尽TOUR 2018】 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年4月30日 (月) 23:59まで。

<聞間拓 プロフィール> 

浜松の路上で歌い手として産声をあげ、全国路上LIVE放浪後、FMでのラジオパーソナリティを経て上京。様々なユニット、バンドで精力的な活動、ギターを担いで四国八十八箇所霊場巡りなどを経験。ソロ、ユニットに関わらず、圧倒的な熱量で、見る人のライブ観、人生観をも揺さぶるスタイルとして、インディーズライブシーンで注目されている。 

■オフィシャルサイト https://www.takukikima.com/



■ 2018年5月2日(水) 

■ 出演者:ELK (えるく)

■ 公演名:弾き語りツアー2018 〜高松公演〜

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 入場無料(1オーダー別途)※投げ銭制

<プロフィール>

ELK(えるく、12月21日広島県生まれ)。シンガーソングライター。B型。 B.B.king,OTIS REDDING,JOHN LEE HOOKER,Johnny Winter, SAM&DAVE等のBLUES&SOULを聴き、本格的に音楽に目覚め、広島より単身上京。路上で歌い始める。堀内護(ex.ガロ)とのセッション、加奈崎トリオ(加奈崎芳太郎[ex.古井戸],小林和生[ex.RCサクセション],新井田耕造[ex.RCサクセション])のオープニングアクト、泉谷しげる/忌野清志郎共同プロデュース「紅白をぶっとばせ!」への参加、三宅伸治(ex.モジョクラブ)のオープニングアクト、杉山章二丸(ex.タイマーズ、ex.モジョクラブ)とのバンド活動、音楽評論家の鳥井賀句に認められ、伝説の渋谷「青い部屋」への出演、関西圏、盛岡、福島へのツアーを行うなど、地道なライブ活動を続け、2016年1月27日 アルバム「ELK」を全国リリース!本年3月8日、2ndアルバム「縦横無尽」を全国リリース。忌野清志郎をリスペクトする。■オフィシャルサイト http://www.geocities.jp/elkchaos/

【特記事項】

※ 入場時に1オーダーが必要になります。

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。



■ 2018年5月4日(金) 

■ 出演者:Lika (大阪),Keisuke Toyoda (東京)ChaCha (難波宮),宮川政斗 (愛知),ウクレレキイチ(高松),the Blue Lagoon Stompers (愛媛)

■ 公演名:RUFFHOUSE HAWAIIAN MUSIC SHOW#4 「ハワイアン・ミュージックショー・スペシャル」

 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 入場無料(1オーダー別途)※投げ銭制

RUFFHOUSEがお送りするHAWAIIAN MUSIC SHOWがパワーアップして5月に開催!

その名も、RUFFHOUSE HAWAIIAN MUSIC SHOW#4 「ハワイアン・ミュージックショー・スペシャル」。

夏を先取りの常夏ムードでお送りいたします。

入場無料ですので、お気軽にどうぞ。



■ 2018年5月5日(土) 

■ 出演者:山根万理奈

■ 公演名:ニューアルバムリリースツアー 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月4日 (金) 23:59まで。 

※ 出演者募集中

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1,500 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

<プロフィール> 

島根県松江市出身のシンガーソングライター。生年月日は1989年7月17日。身長151cm。島根県の広報大使「遣島使」。島根県立大学在学中に、YouTubeへ弾き語りの動画を配信。顔を出さずにギターを弾いて歌う姿が評判となり、再生回数は650万回を超える。2011年7月ワーナーミュージックジャパンより「ジャンヌダルク」でメジャーデビュー。2012年4月 アルバム「空な色」。10月からNHK Eテレ「青春リアル」にレギュラー出演、テーマソングを担当。2013年アルバム「好きで悩んでるわけじゃない」。これ以降のアルバムは、すべてバーガーインレコードから。2014年 アルバム「歌って happy !」。2015年 アルバム「愛と妄想、25歳。」。2016年 アルバム「山根万理奈とマリナッチ楽団」。2017年 アルバム「YAMANEMAN」。毎年、オリジナルアルバムをリリースしながら、全国各地でライブを重ね、年間のライブ本数は100回を数える。バンド、ギターやピアノのサポート等様々な形でライブを行うが、通常のライブはアコースティックギターの弾き語りスタイル。2018年4月4日ニューアルバム発売予定! 

■オフィシャルサイト https://www.yamanemarina.com

 



■ 2018年5月10日(木) 

■ 出演者:高木芳基 (ザ・マスミサイル) 

■ 公演名:よっくん本当のレコ発ワンマン「本当の一人旅しナイトVol.8」高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,800/当日¥3,300(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:2018年5月9日 (水) 23:59まで。

<プロフィール> 

ザ・マスミサイルのボーカリスト。2000年、高木が東京・吉祥寺に貼った、ほんの2枚のメンバー募集張り紙から結成された5人組ロックバンド。あくまで日本語にこだわった感情むき出し、魂をえぐるような歌詞を「これが日本のロックじゃ!」そう言わんばかりに”こぶし”を 効かせ唄い上げるヴォーカルが、ピアノ・オルガンをを取り入れた分厚くかつシンプルなサウンドの上で激しく、かつ優しく、そして語るように唄う。唯一無二の唄い回しで「人間の当たり前」を唄うからこそ、ロックバンドとしては異例レベルの幅広い年齢層から支持されている。 

■オフィシャルサイト http://www.massmissile.com



■ 2018年5月12日(土) 

■ 出演者:市川セカイ/勝詩 

■ 公演名:SPICA Release TOUR 春風に乗って2018 - 2 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月11日 (金) 23:59まで。

<市川セカイ プロフィール> 

2006年 4人組ロックバンド、MANA SLAYPNILEでUNIVERSAL Jよりメジャーデビュー。2009年 バンド解散。単身上京。ソロ活動開始。2010年3月に応募総数1000組を超える中より4組に選ばれて、秦基博と横浜F.A.Dにて共演を果たす。2013年にはブルボンアルフォートミニのCMソング歌を担当した。さらに各方面で活躍するメンバーを集めた「透明なロック」を掲げる市川セカイBANDを結成。2014年8月より活動の幅を全国に広げ「月をめざして」「aster」市川セカイBANDとして2枚音源を発表。2015年には市川セカイ名義で1st albaum「ベルトコンベアから流れてくるもの」をSoul Mate Recordより全国流通盤としてRelease!!前年の活動の勢いそのままに年間160本を超えるライブの年を過ごす。2016年にはライブ音源「20151217」を発表し年間100本以上のライブを行う。2017年、毎年春に行っている全国Tour「春風に乗ってTour 2017」に際して生活の中に含まれるじんわりと深い普遍的な愛をテーマに、市川セカイ自身がフルアレンジした4曲入り音源「愛は生活の中にある」を発表。ライブが月平均10本を超える日々を過ごしながら、感じたものを形にするべく温めていた6曲入りのミニアルバム「SPICA」を前作に続き自身完全プロデュースにて 2018年3月、発表予定。透き通った声、耳に残るグッドメロディ。ルーツを感じる音楽性に、短編小説のような作風も持ち聴いた人からは「美しい音楽」と形容されるシンガーソングライターである。
■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com/

 

<勝詩-katsushi-プロフィール>

1999年 アコースティックユニット「EBISU」結成。関西を中心にストリートライブ&ライブハウスでの活動を行う。 2002年 Maxi Single「ビター」にて全国インディーズデビュー。2003年 「勝詩」としてソロ活動開始。2006年 1st Full Album「Lil'e」発売。2007年 1st  Maxi Single「free-style」発売。katsushi island tour 2007〜Healing & Peacefulと題し、関西・関東・四国・沖縄・台湾・ハワイのライブハウスやカフェ、BARなどでツアーを行う。2008年 第二回 河島英五音楽賞 最優秀作品賞受賞。NHK大阪ホールにて受賞ライブを行う。2nd Full Album「Heart of olivean」発売。2009年 小豆島観光スポット、恋人の聖地認定「エンジェルロード」の公式イメージソング提供。「エンジェルロード〜天使の散歩道」2010年 活動拠点を関東に移すため上京。Vanilla Sky RecordsよりMini Album「Brand New Ocean」にて全国デビュー。収録曲「ふるさと」が日テレ系列RNC「news every」のエンディングテーマソングに起用。2011年 2nd Mni Album「Big Summer Smile」発売。2012年 1st Full Album「Mother Land & Father Sky」発売。2014年 関西に拠点を戻す。2016年 「ひこうき雲」が日テレ系列RNC「news every」のエンディングテーマソングに起用。「小豆島とのしょう町ふるさと応援大使」の委嘱を受ける。ミニアルバム「七色の町」発売。2017年 リゾートホテルの小豆島国際ホテルを貸し切り「あずき男とすいか男のオリーブフェス2017」を主催。Best Album「MADE IN SHODOSHIMA」発売。
■オフィシャルサイト https://oliveislandmusic.jimdo.com/



■ 2018年5月13日(日)

■ イベント名:レコード鑑賞会

■ 開場 19:00/閉演 20:30

■ 入場無料(1オーダー別途)

 

お待たせしましたぁ~

待望の【レコード鑑賞会】開催です!

懐かしの昭和歌謡からロック・ジャズまでアナタのご自慢の盤を持ってきてください!

 

<ルール>

・おひとり2曲交代でおかけください。

・曲名や思い出など、簡単に説明お願いします。

・レコードの懐かしい音色を大音量で楽しんでください。

・SP盤もOK。



■ 2018年5月14日(月)

■ 出演者:PETER PAUL& 絢子

■ 公演名:2ndアルバム「SINGS 2」Release Live!! 高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月13日 (日) 23:59まで。

<プロフィール> 

ブルームーンカルテットのフロントマン、トランペッター黄啓傑氏とギタリスト富永寛之氏、そしてピアノ弾き語りウーマン矢野絢子とのスペシャルトリオ、その名も「Peter, Paul and 絢子」。極上のサウンドで送る名曲シリーズ第2弾!「SINGS2」発売記念ツアー決定!

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1,750 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください) 



■ 2018年5月15日(火) 

■ 出演者:近野淳一&千葉周太(パーカス) 

■ 公演名:1st.concept album「in store」レコ発ツアー「GO STORE!!」高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月14日 (月) 23:59まで。

<プロフィール> 
ギターボーカルの近野が中心となりスリーピースバンド「鴉」結成。ロック、エモを基調としながら、スリリングな展開と心をえぐるような歌詞で、地元秋田では圧倒的な人気を誇る。 2009年3月に初の全国流通音源となるインディーズミニアルバム「影なる道背に光あればこそ」をリリース、同年8月にファーストシングル「夢」をメジャーリリース。この曲がTX系ドラマ「怨み屋本舗 REBOOT」の主題歌に抜擢され、PVにもドラマ主演女優の木下あゆ美が出演するなど話題となる。12月には東京での初ワンマンを成功させるなど、認知度と期待度の高まる中、2010年1月にセカンドシングル「風のメロディ」、同年8月にはライブでも好評のサードシングル「黒髪ストレンジャー」をリリース。歌謡曲にも通ずるメロディとどこか陰のある歌詞の世界という鴉の持つ独特の世界観が徐々に注目される中、4枚目のシングルとなる「巣立ち」(10年11月3日発売)が現代社会の闇を真正面から捉え人間の暗部と「闇の先にある光」を描いた衝撃の社会派人気漫画「闇金ウシジマくん」の実写版ドラマの主題歌に大抜擢。 

■オフィシャルサイト https://ameblo.jp/karasu-gekishow/



■ 2018年5月19日(土) 

■ 出演者:THE COCKS 

■ 公演名:REVOLUTION ROCK Vol.19 

■ 開場 20:00/開演 20:30 

■ 前売¥1,200/当日¥1,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月18日 (金) 23:59まで。

<プロフィール> 

What's My Name?自分が何者なのか、ふとわからなくなる、あやふやなこの時代。5人の騎士がいま、むき出しビートでカオスの世界をぶち破る。 

■THE COCKS http://smart4me.net/the_cocks/

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥750 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

 

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください) 



■ 2018年5月20日(日) 

■ 出演者:藤崎賢一(JUSTY-NASTY) 

■ 公演名:Acoustic Solo Live '6 Ahead 2018 #01 高松公演


 

※ 公演延期となりました。

藤崎賢一急病の為、5/12から行う予定でしたAcoustic Tour ’6 Ahead Tourですが医師の判断により治療に専念する為全ての日程を一旦キャンセルさせて頂く事と成りました。

病状の回復を待ち、改めて振り替え公演を10月位に予定しております。



■ 2018年5月22日(火)

■ 出演者:和田全孝/Mondeo

■ 公演名:和田全孝 LIVEツアー 2018~淡路島・四国編 with Mondeo 高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

 

 

※ 前売受付期間:2018年5月21日 (月) 23:59まで。 

出演者募集

《和田全孝 プロフィール》 

13歳から作詞・作曲を始め、18歳からギター1本でライブハウスで歌い出し、BAND時代にアルバム2枚、シングル1枚、コンピ2枚を発表。全国のFM19局ネット番組で月間第1位、21局ネット番組で月間第3位、俳優 故 今井雅之氏の舞台会場BGM、地元FM番組CM、TOWER・RECORDSの関西限定CDが各店舗でJ-POP総合部門で初登場第1位を獲得。BAND解散後はギター1本でのLIVE活動再開、全国・海外でもLIVEスタート。シャ乱Qの弟分BANDでアニメ『稲中卓球部』でお馴染みの元THE ZIP GUNSの木村寿孝氏をサウンドプロデューサーに迎え、ソロとしては2枚のアルバムを発表。Amazon、iTunes、レコチョク等で発売・配信中。昨年は全国各地のフェスにも参加し、60ヶ所以上のLIVEツアー、今年も全国各地でのLIVEツアーを進行中。京都市出身。https://m.facebook.com/MASANORI.WADA.Official/?locale2=ja_JP

 

《Mondeo プロフィール》 

新潟県は中越地方、人口五千のしがない港町・出雲崎出身、在住のシンガーソングライター。ロックを基調に歌謡曲、演歌、フォーク、ヒップホップなどのジャンルを内包した楽曲が特徴。新潟県をテーマにした楽曲も数多く制作。新潟県を中心に県外にも活動の幅を広げている。現在BSNラジオ (FM/92.7MHz AM/1116KHz)『Mondeo こぶしロック!』毎週日曜17:30~18:00 放送中。https://mondeo-kobusi69.jimdo.com/



■ 2018年5月23日(水) 

■ 出演者:ミズノミカ 

■ 公演名:1st solo album あつめても release tour “全国で迷子2018” 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥1,000/当日¥1,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月22日 (火) 

出演者募集中

《ミズノミカ プロフィール》 

シンガーソングライター。ロンドン生まれ名古屋育ち。興味と想像力を抱きしめて暮らしている。ことばをうたい、色を描き、針と糸で縫う。

2004 - 2014:10年のあいだ日本の京都に暮らし、岡田康孝(コントラバス)とのふたりぐみ“みかとやす”のピアノと歌、作詞作曲を担当。 

2013 -:“tsukuyomi”(庸蔵's band style)にvoiceとして参加。 

2015 -:cafe re:Li での音楽と食を楽しむイベント『食堂ワニ』を企画。キクチメガネ企業TVCM挿入曲『眼鏡のうた』を作詞作曲。曲がる(かとうさとし)と共に夫婦でCMに出演。 

2017:『眼鏡のうた』を配信シングルとして発表。東海テレビ制作 ドラマ『ショクバの王子様』音楽を担当。主題歌『ソロダンサー』を配信シングルとして発表。また machi bari mika(マチバリミーカ)として『ロマンチックな気持ちから生まれる』だけを定義にドローイング、刺繍など、かたちに決め事をつくらず日々作品を残している。 

■オフィシャルサイト https://www.mizunomika.com



■ 2018年5月26日(土)

■ 出演者:近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT)

ゲスト:百々和宏 (MO’SOME TONEBENDER)

■ 公演名:ニューアルバム「塔」発売記念ライヴ “GO to TOWER TOUR” 高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月25日 (金) 23:59まで。

 

【特記事項】
※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1,750 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

<プロフィール> 

1994年、PEALOUTを結成。ラウドなギターバンド、ダンサブルなピアノバンドの側面を持つオリジナリティ溢れるバンドスタイルで活動。FUJI ROCK FESTIVALには6回出演(ソロでの出演1回も含む)。8枚のオリジナルアルバムを残し、2005年7月PEALOUT解散。7月30日のFUJI ROCKが最後のステージとなった。2005年8月より近藤智洋、ソロ活動開始。アコースティックな楽曲をアコギ、ピアノを使い表現しPEALOUT以降の世界を創り出している。2006年6月には、花田裕之(ex.THE ROOSTERS)山口洋(HEATWAVE)ヤマジカズヒデ(dip, qyb)ヒサシ the KID(THE BEACHES)城戸紘志 等が参加した1st アルバム「近藤智洋」を発売。2007年1月、ソロ活動と並行して、深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)、Hisayo(tokyo pinsalocks)、YA/NA(DRYASDUST/ZEPPET STORE)とGHEEEを結成。7月25日にはアルバム「GHEEE」を発売。2012年1月にはさらに、佐山忍、恩賀周平、PEALOUTで一緒に活動していた高橋浩司とThe Everything Breaksを結成。いくつものバンドを経てきた4人が原点に戻り、音を鳴らすという初期衝動に真正面から向き合うバンドを作り上げた。 

(※The Everything Breaksは、2015年12月16日に解散) 

現在はソロでの弾き語りを中心に、近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション、GHEEEと積極的に全国各地でライヴ活動を展開し(2007年には160本、2008年には170本)毎年120本前後のライヴを行っている。 

■オフィシャルサイト http://kondotomohiro.com

 

<百々和宏 プロフィール>

1997年福岡で結成した真正ロックバンドMO’SOME TONEBENDERのG/Vo。普段は安酒場をローリングする泥酔イスト。2012年からソロ活動を開始。現在まで3枚のソロアルバムをリリースしている。酒場紀行文を集めた「泥酔ジャーナル」の著者としてもカルトな人気を誇る。

これまでに幾多のセッションやコラボレーションをこなしており、椎名林檎『加爾基 精液 栗ノ花』にギタリストとして参加(2003年)、大友良英、tatsu(LÄ-PPISCH)、中村達也と結成したバンドJOY HEIGHTS(2008年)、越智志帆(Superfly)とのセッションバンドSuperfly & theLemon Batsにギタリストとして参加(2010年)、Superfly『Mind Travel』へのゲストボーカル参加(2011年)、期間限定で復活した遠藤ミチロウ率いるTHE STALIN Zにギタリストとして参加(2011年)、yukihiro(L’Arc-en-Ciel)、345(凛として時雨)とgeek sleep sheepを結成(2012年〜)などなど、幅広く活動中。

■オフィシャルサイト http://momokazuhiro.com



■ 2018年5月27日(日) 

■ 出演者:住出勝則+Masa Sumide 

■ 公演名:Wアルバム「レコ発」記念ライヴ!~一声十色・六弦十色~ 高松公演 

■ 開場 17:30/開演 18:00 

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月26日 (土) 23:59まで。

<プロフィール> 

75年にフォーク・グループ『シグナル』のメンバーとしてデビューして以降、日本のフォーク/ポップス・シーンで活躍していた住出勝則(Masa Sumide)さんが、今アコースティックギター・ファンの間で話題となっている。日本人アコースティック・ギタリストには無いリズム感覚とタイミング、複弦のスライドや右手親指によるファンキーなベース・ライン等々、卓越したテクニックと唯一無二の音楽スタイルを持っているのだが、それでいて彼が創り出すギター音楽は、あくまで親しみやすく聴く者の耳に届く。 

■オフィシャルサイト http://www.masasumide.com/



■ 2018年5月28日(月) 

■ 出演者:松田ari幸一 with 古橋一晃 

■ 公演名:ハーモニカライブ! 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年5月27日 (土) 23:59まで。

<松田幸一 プロフィール> 

1947年4月15日生まれ 富山県魚津市出身 

日本の10ホールズハーモニカ(ブルースハープ)界のパイオニアであり、プロで活躍するハーピストの中でもキャリア、実力共に日本を代表するプレーヤーの一人。 

仲間からは"アリちゃん"と呼ばれる。 

■オフィシャルサイト http://www.ari-times.com