12月 December


■ 2018年12月5日(水) 

■ 出演者:伊東ミキオ(Piano&Vo) 

■ 公演名:伊東ミキオ ソロアルバム『 TRY AGAIN 』発売記念 TOUR 2018 - 2019 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途) 

※ 前売受付期間:9/1(土)~12/4 (火) 23:59まで。


<プロフィール> 

唯一無二のロックンロールピアノマン。 1990年、バンド“GROUND NUTS”のメンバーとしてメジャーデビュー。同バンドではキーボードを担当。'92年脱退後、ソロ活動を開始。1993年には自らがヴォーカルを担当するバンド“SAILIN' SHOES”を結成。bounceレーベル(TOWER RECORD)より2枚のアルバムをリ リースする。同時期から積極的に数多くのレコーディング、ライヴに参加。数々のセッションから得た経験を活かして、プロデュース、レコーディング、詞・曲の提供からアレンジまで手掛ける。1999年から2009年まで、ウルフルズのツアー、レコーディグにレギュラーサポートメンバーとして参加。その他、トータス松本、秦 基博、石橋凌、 八代亜紀、藤井フミヤ、加山雄三、佐野元春、仲井戸 麗市、泉谷しげる、家入レオ、KAN、ましまろ、内田勘太郎、THE MODS、ザ・マックショウ、THEイナズマ戦隊、矢井田瞳、ARB、岩川浩二、Bloodest Saxophone、馬場俊英、ゆず、 PUFFY、三宅伸治、ジュウェル・ブラウン、ビッグ・ジェイ・マクニーリー、などのツアーサポートやレコーディングにも参加。ソロライヴ活動も積極的に行っており、現在までに5枚のソロアルバムをリリース。持ち味である、熱くハッピーなロックンロールピアノでライブ会場は常にホットに盛り上る。 

■オフィシャルサイト http://www.mikio.net/


■ 2018年12月8日(土)

■ 出演者:未定

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途)


イベント開催予定日。近日中に公開予定。


■ 2018年12月9日(日)

■ 出演者:未定

■ 公演名:未定

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥未定/当日¥未定(1オーダー別途)


イベント開催予定日。近日中に公開予定。


■ 2018年12月19日(水) 

■ 出演者:ですあゆみ w/雨月リナ、北真紗子

■ 公演名:武者修行の旅!ライブ150本切りツアー 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥500/当日¥800(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:12/18 (火) 23:59まで。 

 


<ですあゆみ プロフィール> 

弱さもひっくるめて、前を向いて生きたい思いを、持ち前の力強い唄声に乗せてまっすぐに届けている。心が元気になるライブを。誰かのお守りになれる唄を。大阪で日々精進中!今回は「ギター1本と声ひとつで圧倒的なライブパフォーマンスができるようになる」ことを一番の目的に、毎日のようにライブをする半年間を過ごそうと思いこのツアーに出ることを決めました。 

■公式サイト https://twitter.com/desuayumi


■ 2018年12月27日(木)

■ 出演者:城領明子×ヒメノアキラ OA:カミカワミレイ

■ 公演名:高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:12/26(水) 23:59まで。 

 


<城領明子 プロフィール> 

1997年、バンド「SLY TRIBES」を結成。関西を中心に活動を続ける中、1998年シングル『Baby Crime』でCDデビュー。その後、Leyonaのツアーで前座を務めるなど、精力的に活動。これまでに7枚のCDをリリースする。その後、2009年より「城領明子」としてソロ活動を本格的に開始。ソロではSLY TRIBESとはまた違った世界観を作り出し、等身大の自分を表現している。2011年10月 1st maxi singl「大阪ニューヨーク」を2011年10月10日にリリース。発売以降、FM802で流れるなど注目を集め、2012年の夏には1200組を超える中から選ばれ、見事「サマーソニック2012」に出演。その後、HONDAのwebCMに「走れマイウェイ」が起用される。2013年5月 2nd full arubum「ロンリーロンリー」が全国流通で発売決定。ギター、コーラスに2曲「広沢タダシ」を迎えるなど、前回より増して洗練された城領明子の世界を表現している。翌年2014年より弾き語りワンマンライブ「どこ吹く風。」をスタート。第一回目からこれまで全開演soldoutとなる。それに伴い、同年にライブアルバム「どこ吹く風。」を限定発売。2015年には「どこ吹く風。vol,4」を神戸の老舗である「チキンジョージ」にて決行。150人を越える動員の中、大盛況で幕を下ろした。そしてついに2016年7月6日、3年ぶりとなる3rd full album「サイレント」がリリース決定。全曲一発録り、PIANO,VOCAL,DRUMS,のみで構成された全10曲収録。これまでにないほど生々しく、儚く、そして何よりも優しく聴く人の心に寄り添うような、そんな作品が完成。自信が尊敬してやまない「ローラニーロ」「リッキーリージョーンズ」等、今の時代には無いような、そんな空気感を見事に作り上げた。そして2ヶ月後の9月1日には、大阪市の重要文化財でも有名な「大阪市中央公会堂」にてリリースワンマンライブ「どこ吹く風。vol,7」が決定。ますます精力的に活動の枠を広げていく城領明子。これからもずっと変わり続けていく。 

■ 城領明子オフィシャルサイト http://www.slytribes.jp/joryo_akiko/

 

<ヒメノアキラ プロフィール> 

2000年妃野アキラでデビュー。これまでにシングル7枚、アルバム5枚、ミニアルバム1枚をリリース。4th シングルはWOWOW連続ドラマの主題歌とTBS系TV「CDTV」のエンディングとなる。ライヴ活動の他に、全国MINI STOP店内放送でコーナー番組を持ったり、音楽フリーペーパー「music UP'S」ではコラムを連載したり、数々のラジオ番組のパーソナリティ(京都FM α-station/東京FM/九州FM局CROSS FM /北海道FM局NORTH WAVE/bay fm)をつとめたり、さらにFM NACK5では人気番組『おに魂』内(パーソナリティはバカボン鬼塚/きっくん)で『ヒメノアキラのメル友は宇宙人』というユニークなコーナーを担当。個性的なキャラクターにも注目が集まる。ライブでは、渋谷O-WESTでのグランドピアノを持ち込んだワンマンライヴ「ピアノ1本勝負」や、弦カルテットと電子音の融合した世界「ヒメノカンタービレ』(カルテットのアレンジも手がける)の開催など、アグレッシブなピアノと伸びやかでヒリヒリした歌声で見るものを魅了し、ライヴでの評価も高い。数々の活動を経て、現在は独立。自由なスタイルで歌を届けている。 

 

■オフィシャルサイト http://himenoakira.net