10月 October


■ 2018年10月5日(金) 

■ 出演者:佐木伸誘 

■ 公演名:30TH THANKS TOUR 2018 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付:10月4日 (木) 23:59まで。 

※ 出演者募集中


13歳の頃にギターを始めた彼は、18歳の時にバンド活動を開始、そして井上鑑に見出されるかたちでプロ・デビューを果たした。デビューして間もなく、吉田栄作と後藤久美子が主演した映画『ガラスの中の少女』(88年)の主題歌を任されたり、さらにソロやバンドなどでも精力的に活動を広げていった。 

■オフィシャルサイト http://lab-siva.com/


■ 2018年10月6日(土) 

■ 出演者:勝詩/市川セカイ 

■ 公演名:勝詩とセカイの出ずっぱり絡み倒し2マンLIVE!! 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:2018年10月5日 (金) 23:59まで。


<勝詩 プロフィール> 

瀬戸内海に浮かぶオリーブの島「小豆島」出身のミュージシャン、勝詩-Katsushi- 。島の情景や海や空、人との関わり、島への想いを唄に乗せ、関東、関西を中心に活動中。清涼感あふれる歌声とともに、島の風を感じてください。 

■オフィシャルサイト https://oliveislandmusic.jimdo.com

 

<市川セカイ プロフィール> 

透き通った声、耳に残るグッドメロディ。 ルーツを感じる音楽性に、短編小説のような作風も持ち 聴いた人からは「美しい音楽」と形容されるシンガーソングライターである。 

■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com


■ 2018年10月8日(月・祝) 

■ 出演者:Sasarie Yamada (藤田理恵vo. 笹本佳宏gt. 山田直之hp.)  w/Cherry boys blues band(近藤好広[vo.g],的場宏晃[Dr],岩崎祐介[B])

■ 公演名:高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/7 (日) 23:59まで。


■ボーカル 藤田 理恵 “ Rosebud RIE ” 

シカゴ旅行でKoko Taylorに出会い、ブルースを歌い始める。シカゴのブルースクラブで「ブルースは心の底から歌う」ことを学び、力強いシャウトを効かせたボーカルスタイルをとる。一方で、幼少の頃から学んだクラシックを根底に、ソウル、R&B、ポップス、ロック、童謡まで、様々なジャンルを幅広く歌いこなす“ノン・ジャンル・シンガー”また、ボイストレーナーとして、全国のブルースソウルシンガーの指導に定評あり。ブルースバンドRosebud RIE & Blues Blood、10人編成ブルースバンドRosebud RIE & Her Blues Machinehead、R&BバンドRosebud、ギター笹本とのデュオsasarie他、アーティストのゲストシンガー等、名古屋を中心に、九州から北海道まで全国でライブ公演を行っている。 ブログ「RIEの‘音楽な生活’」 http://ameblo.jp/rosebud-rie/

 

■ギター 笹本 佳宏 

高校時代Stevie Ray Vaughanに衝撃を受けBlues Rockに目覚め、自身のブルースロックバンド「SASAMOTO and Texas Sunrise」を結成。ニューヨーク、シカゴ、そしてニューオリンズでの音楽活動を経て、数多くの有名ミュージシャンとセッション、ライブを重ね、注目を集める若手ブルースギターリスト。 名古屋のストリートを中心に完全即興演奏を繰り広げる人気jam unit 「ellmer」 に参加。R&BバンドRosebud、ブルースユニットBlues Bloodギタリスト。

 

■ハーモニカ 山田 直之  

16歳のころからドラマーとしてバンド活動を始め、ブルースバンド結成時にジェームス・コットンを聴いてブルースハープに目覚め転向。以後、ハーピストとしてブルースを中心にゴスペル、ジャズ、ポップスなどさまざまなジャンルでの10ホールズハーモニカの可能性を求め活動中。ブルースギターToby前田氏とのデュオBlues Train他、ブルースバンドBlues Blood、Rosebud RIE & Her Blues Machinehead、参加。10ホールズのブルースハープから、ジャンルを問わず、多彩な感情・情景が繰り出される。2001年F・I・ジャパン主催ハーモニカコンテスト ブルースハープ部門入賞。2002年アジア太平洋ハーモニカ大会 日本チャンピオンとして出場、銀賞受賞。


■ 2018年10月10日(水) 

■ 出演者:スギタヒロキ×YOSSEY×酒井ヒロキ

■ 公演名:スプリット公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/9 (火) 23:59まで。 


<スギタヒロキ プロフィール> 

1992年2月27日生まれ宮崎県生まれ静岡育ち。小中高とプロサッカー選手を目指していたが大学進学してすぐ怪我をして、路頭に迷っていたところで家にあった父のギターを弾き始め音楽人生が始まる。金髪の容姿からは想像もできないフォーク感、それを紡ぎ出すのはまっすぐな性格と生活感。それはどこかノスタルジックな気持ちにさせる。

<YOSSEY(ヨッシー) プロフィール> 

ロックの聖地、北九州出身。現在、栃木県の山中で田舎暮らしをしながら、東京を中心に全国でライブ活動をしている。 

1986年 上京メジャーデビュー(テイチク) 

1991年 XERXESで再デビュー(BMGビクター) 

1999年 田中一郎(元ARB,甲斐バンド)とYossey & Chipsを結成。 

2000年 インディーズでの活動に移行 

2018年3月23日 新譜”水星note”発売記念ツアースタート! 

音楽性は影響を受けたUKオルタナティブを軸とするが、長い活動によりその幅は広い。

■ オフィシャルサイト http://yossey.jimdo.com

 

<酒井ヒロキ プロフィール>

大阪は十三が生んだ、関西音楽界のリーサルウエポン。歌ものギタリストとしての評価も高く、数々のアーティストとのセッションをはじめアレンジ・楽曲提供なども行う変り種。「高木まひことシェキナベイベーズ」のギタリストでもある。体温が感じられるような、人間くささを大切にした歌は、今日も聴くひとの背中をそっと支えている。

■ オフィシャルサイト http://www.sakaihiroki.com


■ 2018年10月12日(金) 

■ 出演者:THE COCKS

■ 公演名:REVOLUTION ROCK Vol.23

■ 開場 20:00/開演 20:30 

■ 前売¥1,200/当日¥1,500(1オーダー別途)


<プロフィール> 

What's My Name?自分が何者なのか、ふとわからなくなる、あやふやなこの時代。5人の騎士がいま、むき出しビートでカオスの世界をぶち破る。 

■THE COCKS http://smart4me.net/the_cocks/


■ 2018年10月13日(土)

■ 出演者:BLUES NETWORK Season.6

■ 公演名:BLUES NETWORKERS

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 入場無料(1オーダー別途)

【特記事項】

※ 入場時に1オーダーが必要になります。

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。


高松でBLUESを根付かす為に企画された、ブルースによるブルースの為のブルースライブ。出演者も幅広いカラーでお楽しみ頂けれる事、間違いなし!今回も飛び入りOK!ブルース好きな方は是非ともご参加くださいね。入場無料ですので、お気軽にご来場ください!

 


■ 2018年10月14日(日) 

■ 出演者:田村直美(Vo,Ag)、是方博邦(Gt,Cho) 

■ 公演名:tamKore ~秋のレコ発TOUR 2018~高松公演 

■ 開場 17:30/開演 18:00 

■ 前売¥3,700/当日¥4,200(1オーダー別途) 
※ 前売受付期間:2018年10月13日 (土) 23:59まで。


<田村直美 プロフィール> 

「PEARL」としてメジャーデビュー。PEARLとして4枚のアルバムを発売したのち1990年に一時活動を休止して渡米。1991年からソロプロジェクトも開始する。1994年にPrimitive Recordsに移籍し、本格的なソロ活動を展開するため芸名をSHO-TAから本名の田村直美に変更。『カメリアダイヤモンド』CMで起用された『永遠の一秒』のヒットに続き、テレビアニメ『魔法騎士レイアース』のテーマ曲『ゆずれない願い』でオリコン7週連続のチャートベスト10入りと120万枚を超えるミリオンセラーを達成、1995年のNHK紅白歌合戦に出場した。1997年にPEARL復活。メンバーは、カーマイン・アピス (Carmine Appice、ドラムス)、トニー・フランクリン (Tony Franklin、ベース)、北島健二(ギター)というメンバー。アルバム1枚とマキシシングルをリリース後ツアーを行い、そのライブビデオを発売。2003年にクラシック楽曲などをカヴァーしたアルバム『new vintage』をユニバーサルミュージックから、翌2004年に田村直美名義での活動10周年を記念したセルフカヴァーアルバム『Heaven's Here』を日本クラウンから発売した。 

■オフィシャルサイト http://www.tamuranaomi.com

 

<是方博邦 プロフィール> 

1955年大阪生まれ。77年『桑名正博&ティアドロップス』に参加。「セクシャルバイオレット No.1」でベスト10の1位になり全国ツアー。79年『高中正義グループ』に参加。81年『KOREKATA BAND』でソロ活動開始。82年『松岡直也グループ』にリードギタリストとして参加。(フランスのニースジャズフェスティバル、スイスのモントルージャズフェスティバルに参加。)83年1stソロアルバム「KOBE KOREKATA」でデビュー。以後、神保彰、櫻井哲夫の『JIMSAKU』とのセッション、『野獣王国』等で活躍。98年には安藤まさひろ(T-SQUARE)、野呂一生(カシオペア)とのギタートリオ『OTTOTTRIO』で、アルバム「TRIPTYCH」をVillage Recordsよりリリースしている。2000年、須藤満、則竹裕之らをレコーディングメンバーに迎え、「PLANET GUITARMAN」、2002年、「Dancer」をリリース。 

■オフィシャルサイト http://toy-music.net/korekata/


■ 2018年10月17日(水)

■ 出演者:酒井 俊

■ 公演名:Sakai・Eto・Ippei @ 高松RUFFHOUSE

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/16 (火) 23:59まで。


■ボーカル 酒井 俊 

1976年、伝説のJAZZ CLUB「ミスティー」で歌い始める。翌年には初めてのアルバム「SHUN」がリリースされ、センセーショナルな反響を呼ぶ。リーダーアルバムを続けて計3枚、また手元にあるなしを含めた多くのレコーディングに参加、と同時に殆ど休まずに歌う約2年半を過ごしたが、突然渡米する。2年間のマンハッタンでの生活、そして帰国。約8年間の子育てを主にする家庭生活に入る。その後、日本語の歌を積極的に取り入れた方向で渋谷毅と再会、復帰する。現在は日本語の歌をライブハウスで歌う、CD化するという事は日常化しているが、当時は大変な困難を伴った。が、様々な国の様々な唄を歌い続け、阪神淡路大震災の後に生まれた「満月の夕」と運命的な出会いを果たす。 「満月の夕」を歌うにあたっての賛否両論の中、何年にも渡って毎夜歌い続け、2003年には「第45回日本レコード大賞企画賞」を受賞、数回に渡るNHKTVへの出演や連続ドラマへの挿入歌の提供等、活動範囲を拡げる。2004年辺りからそれまでの活動を見直し、新たな音とうたの可能性を模索中。従来の音・うたのあり方から大幅に変化すべく、即興演奏・民族音楽の影響・トラディショナルへの傾倒を反映しつつ、セッションではない継続を、演奏家たちとの終わりのない共同作業へとその時間は積み重ねられており、09年には8年振りの2枚組「Night At The Circus vol,1」を、10年には「PLAYS STANDARD vol,1」「a few little things」を制作。ジャケットは、絵本作家荒井良二氏の描き下ろしイラスト24作品.....という豪華盤を2枚同時発売する。そして12年には「螺旋階段な日常」をリリース、現在に至る。また、10、11、12年とヴェトナムにて歌うなど海外にても活動の幅は拡がっている。 

オフィシャルサイト http://shunsakai.net/

 

■ドラム 江藤良人 

1973年4月14日、三重県鈴鹿市生まれ。10歳からドラムを始める。 

'94年 土岐英史(as)セッションでデビュー。'96年から辛島文雄(p)トリオへの参加、本格的にプロ活動を開始。以後、池田芳夫(b)DADA、中本マリ(vo)グループ等に参加。 

'98年、渡辺貞夫(as)バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。'03年、自己のグループ『a.t.m.』を結成。従来のジャンルにとらわれない方向性を追求。また、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)、大西順子(p)、佐藤竹善(vo)、Lee Konitz(as)、Barry Harris(p)、Eddie Gomez(b)等と共演。現在は自己のグループの他、井上陽介(b)カルテット、石井彰(p)トリオ、岡淳(ts)punch!、the EROS、NewYork=Tokyo Connection等に参加。柔らかくしなやかで、繊細さと力強さを兼ね備えたドラミングが人々を魅了する。そこから生まれる心地良さ。聞き手はもとより、共演者にも絶大な信頼感をもたらす。 

オフィシャルサイト http://eto.mockhillrecords.com

 

■ギター 加藤一平  

1982年東京生まれ。20歳のときに独学でギターを始め、23歳の時、NYに半年滞在。ジャムセッション、ライブにて腕を磨く。帰国後、鈴木勲(b)、日野皓正(tp)、Han Bennink(ds)、梅津和時(as、cl)、dj honda(DJ)、coba(accordion)、是安則克(b)、などと共演。自分のバンド『 鳴らした場合 』の他『日野皓正クインテット』『渋さ知らズ』など多数のライブ・レコーディング・サポートメンバーとして関東近郊を中心に活動中。 

オフィシャルサイト https://ippeih3.exblog.jp/

 


■ 2018年10月19日(金) 

■ 出演者:大平伸正、土屋雄太 

■ 公演名:大平一人旅2018 ~高松で花月草子編~ 高松公演 

■ 開場 19:30/開演 20:00 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:8/22 (水) 20:00~10/18 (木) 23:59まで。 


<大平伸正 プロフィール> 

岡山県総社市出身 1983年8月15日生まれ。 2003年、ロックバンド「ghostnote」結成。ボーカルギターとして、結成当初より全国各地でライブ活動を展開。 2008年、SME Recordsよりメジャーデビュー。 2013年、インディペンデントな活動方針を選択、”T”RUST OVER 30 recordingsへ移籍。 2016年10月~11月、ghostnoteでのリリースをきっかけに約45本にも及び全国を行脚する「大平一人旅」敢行。 2017年4月、シンガーソングライター「大平伸正」として新たな一歩を踏み出す。 

■公式サイト http://ohiranobumasa.com/


■ 2018年10月20日(土) 

■ イベント名:噂のレコード鑑賞会 Vol.6

■ 開演 19:00/閉演 23:00

■ 入場無料(1オーダー別途)


「噂のレコード鑑賞会 Vol.6」が決定!

懐かしの昭和歌謡からロック~ジャズまでアナタのご自慢の盤を持ってきてください。

このイベントはアナタが主役!

 

<ルール>

・おひとり1曲交代でおかけください。

・曲名、アーティスト名や思い出など、簡単に説明お願いします。

・レコードの懐かしい音色を大音量で楽しんでください。

・リスナー大歓迎!


■ 2018年10月21日(日) 

■ 公演名:新感覚エントリー型フリーライブ『楽市楽座』vol.1 

■ 開場 18:00/開演 18:30/閉演 22:00 

■ 入場無料(1オーダー別途)

■ エントリー受付:https://tiget.net/events/38627

※ エントリー受付期間:10/21 (日) 14:00まで。


新しく始まる「高松RUFFHOUSE」がお送りする新感覚エントリー型フリーライブ!

出演者の方は手ぶらで来てOK!当店が楽器をご用意しております。閲覧者の方はドリンク代のみで入場無料(投げ銭あり)!

 

【注意事項】 

・アコースティックギター、エレピに関しましては当店がご用意するものを必ず使用ください(各1台づつご用意しています)。 

・他の楽器はマイクで拾えるものであれば1台のみ使用可(DI不可)。 

・ボーカルマイクは2本使用可。 

・エレキギター、エレキベースのアンプは各1台設置しています(アンプ持込禁ず)。 

・お一人様1曲交代でお願いします。 

 ・1曲8分以内でお願いします。

・1曲毎に200円の参加費をお支払いお願いします。


■ 2018年10月26日(金) 

■ 出演者:ウルフルケイスケ 

■ 公演名:MAGICAL CHAIN ひとり CARAVAN 2018 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途)
※2018年07月06日より受付開始~10/25 (木) 23:59受付終了。


「ミスタースマイル」の愛称でお馴染みの笑うギタリスト。ウルフルズのギタリストとして、1992年デビュー。ウルフルズとして活躍する一方、多数アーティストのレコーディングやイベントにも参加。不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに日本全国津々浦々を弾き巡る。そのスタイルは弾き語りからバンドまで多岐にわたり、自由でシンプルなスタンスでご機嫌なロックンロールを展開中! 

Official Website http://www.ulfulkeisuke.com/ 

Twitter https://twitter.com/ulfulkeisuke

Facebook https://www.facebook.com/uk0523


■ 2018年10月27日(土) 

■ 出演者:我孫子神音會 SEXX GEORGE (from LADIES ROOM) 

■ 公演名:ハロウィンなんかブッ飛ばせ!ZOMBIEにはならん! 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:2018年10月26日 (金) 23:59まで。

 

■アーティスト参加のアフターパーティーあり! 

終演後15分くらいから始まる予定で、60分程度を考えてます。

 

料金 ¥1,500 (1ドリンク + オードブル)


LUNA SEA主宰のロックフェスLUNATIC FESTにX JAPANやDEAD ENDと共に出演を果たしたLADIES ROOMのSEXX GEORGE、待望のソロライブが決定! 

■オフィシャルサイト https://ameblo.jp/abikoshinonkai/


■ 2018年10月28日(日) 

■ 出演者:ユースムースアヴェニュー 

■ 公演名:秋の関西ツアーファイナル 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,300/当日¥2,800(1オーダー別途) 

※ 前売受付期間:10/27 (土) 23:59まで。 

出演者募集中


<プロフィール> 

耳に心地よいハスキーな歌声とメロディアスな楽曲をより鮮烈に際立たせ、バンドのムードメーカー「青江好祐」と、誰もが認める“ちっこいピート・タウンゼント”派手なアクションから繰り出す正確なギタープレイの「近藤光史」によるユースムースアヴェニュー!今回、サポートメンバーにモリヨシキ(ドラム)、ヨシミ(ベース)が参加決定。 

■オフィシャルサイト https://twitter.com/youthmousse_ave