<<< LAST MONTH | NEXT MONTH >>>


■ 2017年10月3日(火) 

■ 出演者:ワタナベマモル OA:THE COCKS、etc... 

■ 公演名:3Girlsツアー 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:10/2 (月) 23:59まで。

<プロフィール> 

モッズバンドよりもブリテイッュな、パンクバンドよりパンキッシュなワタナベマモル。いつまでも転がり続ける奇跡の大馬鹿野郎。ぐっとくるグッド・メロディ。青春真っ只中、やさしさの中に怒りが満ち溢れるソウルフルでパンッキシュな豪直球。やりたいことはロックンロール。いいたいことは、ロックンロール。さあ!届けてくれよ!メロディ、唄、ロックンロールを。ひとりでも多くの死ぬほど音楽が好きな人々に。

■オフィシャルサイト http://www.magictone-records.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1250 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください) 


■ 2017年10月6日(金)

■ 出演者:中沢ノブヨシ

■ 公演名:『TOKYO SERENADE 』リリースツアー Vol.3 高松公演

■ 開場 19:30/開演 20:00

■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/5 (木) 23:59まで。
※ 出演者募集中

<プロフィール> 

既に約10年のキャリアを持ち、その大半をSOULやJAZZのカバー・ライヴを中心に活動してきた“GATZ”こと中沢ノブヨシ。2007年に、DREAMS COME TRUE WONDERLANDのバッキング・ヴォーカル・オーディションで約3,000名の中から抜擢され、44万人を動員したツアーに参加。そして2009年3月、シングル「夢物語」でデビュー。そんな彼が生み出す楽曲は、ボズ・スキャッグスなどで知られるAORに今の時代感覚をまぶしたニュー・アダルト・オリエンティッド・ロック“NEW AOR”。これまでに培ったソウル、AOR、ポップスの全てがハイレベルにミックスされたサウンドと、艶やか且つソウルフルな歌声と表現力で、“大人が聴ける、大人のための極上POPS”を奏でる。1年5ヶ月ぶりの発表となる中沢ノブヨシの新譜『TOKYO SERENADE』は、 LAレコーディングの6曲を含む、会心の自信作!! その新譜発売の3/15を前に全国各地にて弾き語りツアーを敢行! 新譜を携え各地を巡るライブツアーで、誰よりも早く!新譜をGET!! 2017年もアクティブに、各地で中沢サウンドを展開します! 

■オフィシャルサイト http://nakazawanobuyoshi.jp/

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1750 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください) 


■ 2017年10月7日(土)

■ 出演者:KEN×KEN

■ 公演名:KEN×KEN ライブツアー2017 高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/6 (金) 23:59まで。 

出演者募集中

<プロフィール> 

京都を中心に全国各地にてライブツアー活動する3ピースバンド。KENJIN(Vo&Ag&Hrp)+KENTA(Eg)+AKKY(Ds&Cajon)の3人編成。全ての作詞作曲を手掛けるKENJINの艶のあるボーカル&ブルースハープ&ギターバッキングと、 ギター歴20年のKENTAが奏でる華麗なテクニックによるブルージーサウンドに、ドラム暦30年のAKKYの安定感あるリズムが絡み合いオリジナルのBlues・Reggae・Pops・Rockを彩る。是非是非、皆様もKEN×KENワールドにゆっくりと酔いしれてみて下さい。 

■オフィシャルサイト http://www.ken-jin.com/

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1250 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月8日(日) 

■ 出演者:前田有加里 w/月詞みゅー、ひだかめい

■ 公演名:『いい旅ゆかり気分 part.3~香川編~』 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 受付期間:10/7 (土) 23:59まで。

<前田有加里 -MAEDA YUKARI> 

幼少期よりクラシックバレエやHIPHOPダンスなどを通じてエンターテイメント性を培い アーティストとしての土台を築く。多くの一流エンターテイメントの現場に触れる中で、自らの言葉で音楽を届ける素晴らしさに目覚め、アコースティックギターの弾き語りによる活動を本格的に展開。活動においては、企画・興業・制作・プロモーションに至るまで自身の ディレクションによって展開し、ソーシャルメディアの波に乗って徐々に知名度が広がり、 自身の配信番組の総視聴回数は130万回を超えるに至る。 

■オフィシャルサイト http://www.maedayukari.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1250 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月9日(月)

■ 出演者:市川セカイ、酒井ヒロキ

■ 公演名:「秋風とだって」ツアー 高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/8 (日) 23:59まで。 

<市川セカイ プロフィール> 

2006年 4人組ロックバンド、MANA SLAYPNILEでUNIVERSAL Jよりメジャーデビュー。 2009年 バンド解散。単身上京。ソロ活動開始。 2010年3月に応募総数1000組を超える中より4組に選ばれて、 秦基博と横浜F.A.Dにて共演を果たす。 2013年にはブルボンアルフォートミニのCMソング歌を担当した。 さらに各方面で活躍するメンバーを集めた「透明なロック」を掲げる市川セカイBANDを結成。 2014年8月より活動の幅を全国に広げ「月をめざして」「aster」市川セカイBANDとして2枚音源を発表。 2015年には市川セカイ名義で1st albaum「ベルトコンベアから流れてくるもの」を Soul Mate Recordより全国流通盤としてRelease!! 前年の活動の勢いそのままに年間160本を超えるライブの年を過ごす。 2016年にはライブ音源「20151217」を発表し年間100本以上のライブを行う。 2017年、毎年春に行っている全国Tour「春風に乗ってTour 2017」に際して 生活の中に含まれるじんわりと深い普遍的な愛をテーマに4曲入り音源「愛は生活の中にある」を発表。 透き通った声、耳に残るグッドメロディ。 ルーツを感じる音楽性に、短編小説のような作風も持ち 聴いた人からは「美しい音楽」と形容されるシンガーソングライターである。 

■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com

 

<酒井ヒロキ プロフィール> 

大阪は十三が生んだ、関西音楽界のリーサルウエポン。歌ものギタリストとしての評価も高く、数々のアーティストとのセッションをはじめアレンジ・楽曲提供なども行う変り種。「高木まひことシェキナベイベーズ」のギタリストでもある。体温が感じられるような、人間くささを大切にした歌は、今日も聴くひとの背中をそっと支えている。自主制作レーベル「8-beat records」より、3枚のCDを発売している。 

■オフィシャルサイト http://www.sakaihiroki.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1500 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月13日(金) 

■ 出演者:木村俊章 Feat.c-c-maru w/BANBINO(From:THE COCKS) 

■ 公演名:バカヤロー 単身高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/12 (木) 23:59まで。

<プロフィール> 

2009年BAHARANA(バハラナ)を、木村俊章vo.gt 亀田賢gt 肥川靖令key 安永康介dr 4人で結成 

2010年7月 ファーストシングル“ Liberty of soul” 発売 

2011年11月 ファーストアルバム“ HEY!!!” 発売 

2012年5月 BAHARANA解散 解散LIVEを心斎橋 Club JANUSで行う 

2012年6月 ソロ活動を開始 

2012年8月 Toshiaki kimura bandでの活動を開始 

色々なサポートメンバーと活動し、現在、bongo宮田(gt)、高橋常(ba)、c-c-maru(dr)と共に活動中 

■オフィシャルサイト http://www.toshiaki-kimura.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1250 (ドリンク別/税込) 

 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月14日(土) 

■ 出演者:前田和亮×西広ショータ

■ 公演名:SPECIAL LIVE 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,300/当日¥2,800(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/13 (金) 23:59まで。 

オープニングアクト募集中!

<前田和亮 プロフィール> 

「手渡しで届ける音楽」を大切にしながら、ストレートな歌声を全国に届ける、旅するシンガーソングライター。聴く者の心を包み込むようなボーカルだけではなく、グルーヴィーかつ繊細なギターの腕前にも定評がある。またプライベートでは、コーヒー好きが高じてバリスタとしての顔も持つ。2012年より年間100本以上のライブを行っている。

■オフィシャルサイト http://maedakazuaki.com

 

<西広ショータ プロフィール> 

16 歳でギターを始めると同時に路上に座りうたい始める。18 歳で上京、都内ライブハウスを中心に精力的に活動を行う中、2008年、唄い屋清木場俊介の協力のもとアルバム「眠る前に1曲」でデビュー。2009年~2010年には、清木場俊介に楽曲提供も行う。2013年、アルバム「犬の生活」を自主制作で発表。以降、ギター1本全国をうたい回る、その年のツアーファイナルワンマンライブには300人を動員した。2014年、休息サプリメント「ネムリス」のCMソングを担当。2016年には、tysテレビ山口の情報番組「やるっチャ!」のエンディングに「Hey! DJ!」が起用される。日本全国にコアなファンを持ち、マイペースながらも常に次のステップを踏む彼に期待する人々は多い。

■オフィシャルサイト http://www.nishihiroshota.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1400 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月15日(日) 

■ 出演者:加藤いづみ feat. 高橋研 

■ 公演名:sing a song for you 〜秋〜 高松公演 

■ 開場 15:30/開演 16:00 

■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/14 (土) 23:59まで。

<加藤いづみ プロフィール> 

91年5月21日にアルバム『テグジュペリ』でデビュー。同年6月に1stシングル「ZERO」を発表。93年、自身も出演したドラマ『悪魔のKISS』挿入歌となった「好きになって、よかった」で脚光を浴び、当時の“ガール・ポップ”ブームの中心に。また、ラジオパーソナリティやナレーターとしても人気を博す。その後はアコースティック・スタイルでのツアーやホール・コンサートなど精力的にライヴを行なうほか、他アーティストのコーラス参加などでも活躍。 オフィシャルサイト http://www.katoizumi.com

 

<高橋研 プロフィール> 

高橋 研の音楽的ルーツはフィル・スペクターに代表される'60~'70年代の豊かなミュージックシーンにあり、高校時代ボブ・デイラン、ニール・ヤングに触発され作詞・作曲を始めている。1979年キャニオンレコードより『懐かしの4号線』でデビュー。1986年には5年振りのアルバム『フリーダム』を発表すると同時にライブ活動も再開された。その後中村あゆみ、川村かおり、加藤いづみをはじめ 数多くのアルバム・プロデュースに加え多彩なアーテイストに楽曲を提供し、シンガーソングライター及びプロデューサーとして独自のスタンスでの活動が続けられている。 

オフィシャルサイト http://www.fantasista-web.com/ken-t/

 

【特記事項】 

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください) 

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 

※ 入場順はファンクラブ「Paper Moon会員」の先行入場。 


■ 2017年10月16日(月)

■ 出演者:Marina Fages, ZUM(松浦眞九郎・ルシアーノ・ピエトラフェサ・秦野文均)

■ 公演名:ZUM + マリナ・ファヘス Japan Tour 2017 高松公演

■ 開場 19:00/開演 19:30

■ 前売 2,500円/当日 3,000円(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/15 (日) 23:59まで。

<マリナ・ファヘス PROFILE> 

アルゼンチン、ブエノス・アイレス出身のミュージシャン/ ヴィジュアル・アーティスト。コンポーザー/シンガー/ギター・プレイヤーとして「マデラ・メタル(Madela Metal:2012年)」、「ディブホ・デ・ラヨ(Dibujo De Rayo: 2016年)」を、リリース。同時にエル・トロナドール、ガルゴ&キキ、ルーシー・パタネとのデュオ、フェルナンド・カブサッキのバンド、そして即興アンサンブル等にも参加。2012年より、精力的に南米および欧州ツアーを行う。さらに2016年、12都市を周る日本ツアーを行い、好評を博す。また2017年、著名ドラマーのフェルナンド・サマレアと共に、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、チリを周る「モーターサイクル・ツアー」を成功させる。画家/ヴィジュアル・アーティストとしても、これまでにアルゼンチン、ヨーロッパ各地にて個展を開催。自身のアルバム/ポスターのアートワークも手がける才女である。www.marinafages.com.ar

 

<ZUM プロフィール> 

アルゼンチン人と日本人ギタリストにより2002年結成。以来4枚のアルバムをリリースし、米国、ヨーロッパ、南米、日本各国のライブ・ツアーを行う。これまでにフェルナンド・カブサッキ、フェルナンド・サマレア、松尾泰伸、マリナ・ファヘス、スティーヴ・ボールらと共演、また2015年にはオランダ、ドイツ、ベルギーにてトニー・レヴィン、パット・マステロット、マーカス・ロイターによるスティック・メンのサポートも務める。ロバート・フリップ&リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツのメンバーとしても、2006年イタリア公演、2007年スペイン~ポルトガル、米国東海岸公演などのツアー・メンバーとして参加。変拍子を多用したプログレ+ファンク、アンビエント+フォルクローレといったオリジナル曲に加え、ピアソラ、世界民謡、レノン/マッカートニーからドビュッシーに至るまで、ジャンルを超越した楽曲を独自の解釈でギター・インストに編曲。http://www.zumguitars.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1500 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください) 


■ 2017年10月19日(木) 

■ 出演者:高木克 (ソウルフラワーユニオン)

■ 公演名:芸能生活30周年記念ツアー 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:10/18 (水) 23:59まで。

<プロフィール> 

ソウル・フラワー・ユニオンのギタリスト高木 克。元シェイディドールズであり、三宅伸治&THETRAMP他、セッション・ワーク多数。こと、スライド・ギターやペダル・スチールのプレイには定評があり、また鋭いカッティング・ワークも彼ならではの魅力のひとつ。 

■ ソウルフラワーユニオン 

http://www.breast.co.jp/soulflower/

■ 高木克 ファンサイト 

http://www4.hp-ez.com/hp/katsu-takagi

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1500 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 
※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください)


■ 2017年10月20日(金) 

■ 出演者:小川洋一郎

■ 公演名:"On the road again 2017" 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/19 (木) 23:59まで。 

※ 出演者募集中

<小川洋一郎 プロフィール> 

1985年、伝説のRock'n Rollバンド「KING SIZE」結成時にベーシストとして参加。1985年、脱退後自身のリーダーバンド「GOLD RUSH」を結成。2枚のアルバムを発表。年間150本を超える、全国規模のツアーを展開する。各地にて、熱狂的な支持を得るものの1994年に活動停止。20年の時を経て、2014年4月より音楽活動を再開。2014年9月全編アコースティックギターの弾き語りによるソロアルバム「Stand Alone」を発売。現在、関西を中心に精力的なライブ活動を展開している。 

□オフィシャルサイト http://www.ogawa4016.com/

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1250 (ドリンク別/税込)

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください)

※ 小学生以下は入場無料。(保護者同伴にてご入場ください)


■ 2017年10月21日(土) 

■ 出演者:ガレージシャンソンショー 

■ 公演名:DVD Release TOUR『来て観て 帰って観て』 高松公演 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売 3,000円/当日 3,500円(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:10/20 (金) 23:59まで。

<プロフィール> 

ガレージシャ ンソン【garage-chanson】 

  シャ ンソンの持っているブルジョアジー的要素を排除し 

  その毒性・変態性の部分を強く押しだし 

  例えダメ人間であろうとも 

  その思いの丈を包み隠さず赤裸々に 

  舞台上でさらけ出す有様。

 

生粋のバンドマンと 歌手という2つの顔を持っ ている山田晃士。その歌手の部分で何の束縛も制約もない”剥き出しの歌”に立ち返る事が出来る場所が佐藤芳明とのユニット【ガレージシャンソンショー】な のである。伝統としてのアコーディオン音楽に、敬意を払いながらもその保守的な姿勢に疑問を 抱く佐藤芳明。革新的で過激なアコーディオン奏者としての自分を追求でき る場所が山田晃士とのユニット【ガレージシャンソンショー】なのである。図らずも二人は、96年当時、山田はアルバム『モノローグシアター』録音の為、佐 藤はDaniell Mille氏に師事する為、パリに在住していたという経歴を持つ。【ガレージシャンソンショー】という名の由来は、そんな二人の欧州文化に憧れつつ もそれを悟られぬ様に皮肉ってしまう、といったややひねくれた天の邪鬼的 性質の表れである。実のところは、本物のシャンソニエの方々にお叱りを受けやしないかビクビクしている毎日。いや、お叱りを受けたいのかもしれない。

 

山田晃士 http://koshiyamada.com 

佐藤芳明 http://www.geocities.jp/acc_sssaaatttooo/

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1750 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月22日(日) 

■ 出演者:waka(徳島)/りかこ(岡山)/mihoro(岡山)/泣き虫(岡山)/mana(高知)/橋本しん(広島)

■ 公演名:CAS四国上陸スペシャル

■ 開場 14:00/開演 14:30/終演 18:30

■ 一般 ¥2,500/学割 ¥2,000(1オーダー別途)
※ CASサポーター証掲示で一般・学割料金より¥100割引

開催予定でした「CAS live.78:CAS四国上陸スペシャル:10/22〈午後〉@ 高松 ラフハウス」は台風接近もあり、出演者や来場者の安全確保のため開催中止とさせて頂きます、何卒了承ください。また別の日程で振替公演を予定していますので、そちらを楽しみに。

Casting Artist Syndicateがお送りする「CAS live.78:CAS四国上陸スペシャル」がRUFFHOUSEで開催決定!
ネットで活躍する新世代型「CASアーティスト」の〈リアル〉ライブイベント。乞うご期待!

■ Official Site:http://PiSTream.pih.jp

 twitter:http://twitter.com/PiSTream

 YouTube:http://youtube.com/PiSTream

 Casting Artist Syndicate:http://cas.pih.jp


■ 2017年10月23日(月) 

■ 出演者:宅嶋淳(From:bigmama)/瀬戸口恵

■ 公演名:博多NIGHT Vol.1

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 入場無料(1オーダー別途)※投げ銭制

博多のルーツロック、SSWのカバーを交えてお届けします。ホストは現在も博多で活動中のbigmamaのVocal 宅嶋淳。第1回目は博多から歌姫「瀬戸口恵」をゲストに迎えます!

■瀬戸口恵オフィシャルサイト http://setoguchimegumi.com/

 

【特記事項】 

※ 入場時にお飲み物1オーダーが必要になります。

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。


■ 2017年10月26日(木) 

■ 出演者:市川セカイ

■ 公演名:「セカイ部屋」@高松RUFFHOUSE 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売 ¥2500円/当日 ¥3000円(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:10/25 (水) 23:59まで。

※ ご来場のお客様におつまみサービス。 

※ この日限りのスペシャルカクテルあり。

<プロフィール> 

高知県土佐市出身。 2006年 4人組ロックバンド、MANA SLAYPNILEでUNIVERSAL Jよりメジャーデビュー。 2009年 バンド解散。単身上京。ソロ活動開始。 2010年3月に応募総数1000組を超える中より4組に選ばれて、 秦基博と横浜F.A.Dにて共演を果たす。 2013年にはブルボンアルフォートミニのCMソング歌を担当した。 さらに各方面で活躍するメンバーを集めた「透明なロック」を掲げる市川セカイBANDを結成。 2014年8月より活動の幅を全国に広げ「月をめざして」「aster」市川セカイBANDとして2枚音源を発表。 2015年には市川セカイ名義で1st albaum「ベルトコンベアから流れてくるもの」を Soul Mate Recordより全国流通盤としてRelease!! 前年の活動の勢いそのままに年間160本を超えるライブの年を過ごす。 2016年にはライブ音源「20151217」を発表し年間100本以上のライブを行う。 2017年、毎年春に行っている全国Tour「春風に乗ってTour 2017」に際して 生活の中に含まれるじんわりと深い普遍的な愛をテーマに4曲入り音源「愛は生活の中にある」を発表。 透き通った声、耳に残るグッドメロディ。ルーツを感じる音楽性に、短編小説のような作風も持ち聴いた人からは「美しい音楽」と形容されるシンガーソングライターである。 

■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1500 (ドリンク別/税込) 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


■ 2017年10月28日(土) 

■ 出演者:村越“HARRY”弘明 VS 市川“James”洋二 

■ 公演名:TOUR 2017 “ BEAT FAST ” 高松公演 

■ 開場 17:30/開演 18:00 

■ 前売 6,000円/当日 6,500円(1オーダー別途)
※ 前売受付期間:7/15 (土) 12:00 ~ 10/27 (金) 23:59
企画制作:Labyrinth 

<村越“HARRY”弘明 プロフィール> 

1983年3月The Street SlidersでEpicソニーよりデビュー。数々の伝説を残し、結成20年デビュー17年目の2000年10月29日、日本武道館の公演を最期にその活動にピリオドを打つ。2001年秋よりギター1本のステージでソロ活動を始める。いわゆる弾き語りとは一線を画する、エレキギターをかき鳴らしシャウトするスタイルが定番となる。2008年デビュー25周年、初のセルフカヴァーアルバム『GATEWAY』をリリース。2009年、衝撃の2枚組フルアルバム『狼煙』を発表。その後立て続けに『無常人』、『土と灰』とアルバムをリリース。新境地三部作。2013年3月5日デビュー30周年。2001年ソロデビューから2016年現在に至るまで、3ピースのバンドスタイルとソロスタイルを定番とし、毎年全国的にLIVE活動を継続。その独自の詩世界と圧倒的なヴォーカル・ギターで、唯一無比の存在感を放ち続けている。 

■オフィシャルサイト http://www.harry-station.com/

 

<市川“James”洋二 プロフィール> 

1983年“日本一無愛想なバンド”THE STREET SLIDERS(ザ・ストリートスライダーズ)でエピック・ソニーよりデビュー。アルバム15枚を発表、武道館での公演は10回にのぼる。2000年の同バンド解散以降、サポートベーシスト、プロデュース活動を行う。20014年3月、55歳の誕生日を機に「ひとり旅」と銘打ち、「カラオケに合わせてベースを弾きながら歌う」というソロ活動を始め、全国を巡る。2015年JAMESBANDを結成。サポートメンバーとして、ドラムに盟友の鈴木”ZUZU”将雄、THE EASY WALKERSのギタリストとしても活動中の五十嵐“JIMMY”正彦を迎える。 

■オフィシャルブログ http://blog.jamesichikawa.com

 

【特記事項】 

※ チケット代金とは別に受付時に500円分のドリンクチケットをご購入頂きます。 

※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 

※ 入場順は整理番号順となります。 


■ 2017年10月29日(日) 

■ 出演者:フジタユウスケ

■ 公演名:10th Anniversary YSK Series

7th アルバム先行レコ発ワンマンライブ ~Acoustic 高松編~ 

■ 開場 19:00/開演 19:30 

■ 前売 3,000円/当日 3,500円(1オーダー別途)

※ 前売受付期間:9/13 (水) 15:00 ~ 10/28 (土) 23:59
※ オープニングアクト募集中

<プロフィール> 

■ フジタユウスケ http://www.nineup.co.jp/yusuke/ 

2004年8月、京都出身兄弟バンド「RIDE on BABY」の弟兼ギタリストとして上京。自身のルーツミュージックである60~70年代ロックに影響を受けて作ったシングル「ひとりぼっちのそいつ」(2005年)とアルバム「R on B」(2006年)を発表。2007年3月にRIDE on BABY活動休止。その後は「フジタユウスケ」としてソロ名義での活動を始める。現在の中心演奏メンバーは「フジタユウスケとガラパゴス」と呼ばれ、ベースに木下裕晴(L⇔R)、ドラムに川西幸一(ユニコーン、電大)を迎えた3ピースバンド編成。ユウスケを含む全員がガラケーの保有に固執することに由来する。ガラパゴス諸島のように独自の進化を遂げ続けながらライブやレコーディングを行なっている。また、それ以外でも多くの組み合わせでコンセプトを強めたバンド構成を組んでいる。

【特記事項】 

※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 

※ KIDSチケット¥1750 (ドリンク別/税込) 

 

※ KIDSチケットは中・高校生の方が対象となります。(学生証をご持参ください) 


<<< LAST MONTH | NEXT MONTH >>>