ANNIVERSARY PRESENTS

1999年7月4日にオープンしてから早20年の月日が流れました。皆さんのお陰でここまで辿り着けたと言っても過言ではありません。これからもご来場くださるお客様が楽しめるスペースとして日々努力していき、良質のサウンドと非凡な空間を目指し、これからも突き進んでいく所存でございます。このページでは、当店が今までお世話になっているミュージシャンのご紹介、お祝いのメッセージ、及び20周年を記念し特別に音源データがダウンロード出来る様になっていますので、ぜひお試しください!尚、ダウンロードは2019年8月7日までの公開となります。

高松RUFFHOUSE 今城のぶや

モドルススム


ウルフルケイスケ

「ミスタースマイル」の愛称でお馴染みの笑うギタリスト。ウルフルズのギタリストとして、1992年デビュー。ウルフルズとして活躍する一方、多数アーティストのレコーディングやイベントにも参加。不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに日本全国津々浦々を弾き巡る。そのスタイルは弾き語りからバンドまで多岐にわたり、自由でシンプルなスタンスでご機嫌なロックンロールを展開中!

 ■オフィシャルサイト http://www.ulfulkeisuke.com/

【お祝いコメント

初めて行ったのは2012春、それからいつも行くたびに今城君のガハハの笑い声で迎えられる。これからもガハハでよろしくです!

ウルフルケイスケ

※ 20周年記念のお祝いでアコースティック・バージョンでの新録。どこにもない貴重な1曲です。


山口 洋 (HEATWAVE)

ヴォーカリスト、ギタリスト、ソングライター、プロデューサー、そしてランナーにして、スノーボーダー。1979年、福岡にてヒートウェイヴを結成。1990年、上京しメジャーデビュー。現メンバーは山口洋(vo.g)、池畑潤二(ds)、細海魚(key)。山口洋がソロツアーの旅で新たな曲をつくってバンドに持ち帰るというスタイルで、ほぼ全曲の作詞と作曲を担当する。

 ■オフィシャルサイト http://no-regrets.jp/

【お祝いコメント

高松の魔界、ラフハウス。オーナーの今城くんとも長い付き合いになった。年に一回のオーディエンスとの再会は若干、互いの生存確認チックになりつつある。笑。客席は北ウイングと南ウイングに分かれており、あまりのキテレツな会場の配置ゆえ、ここでしか見れないライヴが繰り広げられる。どうしてって?来ればわかるさ。 この音源はラフハウスで録音されたもの。アルバム「日本のあちこちにYOUR SONGSを届けにいく」に収録したもの。あ!11月にはバンドで高松行くからね。ラフハウスの20年、HEATWAVEの40年を一緒に祝ってください。よろしくね!

 

山口 洋 (HEATWAVE)

※ 2018年11月8日に高松RUFFHOUSEで行われたライブ盤音源。当店での空気感が上手く表れている。


中川 敬 (ソウル・フラワー・ユニオン)

ロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のヴォーカル、ギター、三線。前身バンド「ニューエスト・モデル」に始まり、並行活動中の「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」や弾き語りソロなど、多岐にわたる活動で、作品やライヴを通じて多くの人々を魅了している。 また、阪神淡路大震災の際、民謡や戦前流行歌などをレパートリーに、避難所、仮設住宅、復興住宅などで二百回を越える出前ライヴを行ない、2011年の東日本大震災においても、東北各地の避難所、仮設住宅などで三十回ほどライヴを行っている。東ティモール、パレスチナ難民キャンプ、フィリピン・スモーキーマウンテン等、世界のマージナルな場所でのライヴも敢行。2015年から本格的にアコースティック・ギターの弾き語りで全国ツアーを開始。2017年に第4弾ソロアルバム『豊穣なる闇のバラッド』をリリース、2018年12月にソウル・フラワー・ユニオンの4年ぶりになるニューアルバム『バタフライ・アフェクツ』をリリースした。 ■オフィシャルサイト http://www.breast.co.jp/soulflower/

【お祝いコメント

20周年おめでとう! 数年前、今城くんに初めて電話コンタクトを取った時から、旧友と遊んでるような感覚で出演させてもらってます。ラフハウスに到着して、サウンドチェック、ライヴ、打ち上げと、一日中2人で喋ってるよね(笑)。ニューエスト・モデル時代から長年縁のなかった高松に、新たに隠れ家ができたのは嬉しい限り。次は40周年目指そう!末長くよろしくです!

中川 敬 (ソウル・フラワー・ユニオン)


流-nagare-

北海道・音更町出身。

十勝平野で8人家族の中、たくましく育つ。三角堂の活動を休止後、2006年からソロとして活動。弾き語りライブを中心に、“一万人に会いにいく”を目標に旅する歌うたい。

■オフィシャルサイト http://nagare.us

【お祝いコメント

20周年おめでとうございます!初めて会ったときは、怖いひとだと思っていた今城さん。そうじゃないとわかるまで(2回目くらいで気づいたのだけど)通い続けられて、本当によかった。高松のホーム RUFFHOUSE、いつもありがとうございます!これからも、よろしくお願いします!!

流-nagare-


木暮"shake"武彦

作曲家、R&Rギタリストとしてレベッカ、レッドウォーリアーズで一世を風靡した後、渡米。30代前半の5年間をカリフォルニアで過ごす。様々な音楽的、思想的追求の後、「人はもっと自然と通じ合うべき」という結論により、新たな音楽的展開を求めて2003年、富士山麓に移住。以後、断続的に再結成をするレッド・ウォーリアーズと並行して活動、アルバム多数発表。

■オフィシャルサイト http://www.psychodelicious.com/

【お祝いコメント

今ちゃん、20周年おめでとう!RUFFHOUSEがあるから毎年高松に行くんだけど、俺はもう何回行ったのかな?年に1回だけでも、毎月会ってるような気になる親しみやすさ!いつも行くのが楽しみだよ。まだまだこれからもよろしくね!

木暮"shake"武彦


はたなか圭一

香川県出身、シンガーソングライター。ポップを基盤とした幅広い音楽性を武器にギターとピアノを使い弾き語りを中心にライブを行う。また、サポートピアニストとして歌い手のバックとしても演奏活動する他、近年は舞台俳優にも挑戦し、活動の幅を広げている。

【お祝いコメント

20周年、本当におめでとうございます!地元、高松の大好きなホームになったRUFFHOUSE!マスターの音楽へのこだわりと、お店の音の良さが素晴らしいです。これからも微力ながら、香川の弾き語り音楽シーンを盛り上げていけるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いします!!

はたなか圭一


Emi Tem Happy Drawbar (エミテムハッピードローバー)

シンガーソングライター山田明義(Vocal&Guitar)と、オルガン奏者花田えみ(Hammond Organ)によるアコースティックデュオ。素朴な詩、懐かしくて温かなサウンドを奏でながら"ハッピーの引っ張り棒"となるべく全国各地で元気に演奏活動中。

■オフィシャルサイト http://akiyoshi.me/emitem

【お祝いコメント

「ただいま!」って帰るホームというよりは、「やってやるぞ!」って気持ちを奮い立たせてくれる音楽の聖地なような場所。海を渡ってでも頻繁に逢いに行きたくなるのは、面白いことに向かって共に戦ってくれる今城さんが居てくれるからだと思っています。新しいものにアンテナを張り続ける今城さんに毎度刺激をもらっています。RUFFHOUSE 20周年おめでとうございます!これからも一緒に面白いことをしましょう!!お身体に気を付けて、いつまでも愛ある場所であってください。20年を機に、深夜のハンバーガー、ミッドナイトオードブルは卒業しましょう!

Emi Tem Happy Drawbar (エミテムハッピードローバー)

※ 2019年にRUFFHOUSEで行われたライブ音源からの貴重な1曲。


SEXX GEORGE

1987年に百太郎(Vo./96年解散までのステージネーム)とGEORGE(Ba.)を中心に結成。1989年にJUN(Dr.)NAO(Gt.)が加入する。LP「SEX SEX SEX」(1989年リリース)は限定3000枚を2週間で完売させ、後にCD化された本作品は脅威的なセールスを誇った。1991年にメジャーデビュー。“LADIESROOM”はロックバンドとして成長し続け、確実に支持されていった。現在はLADIESROOM以外にアコースティックで「我孫子神音会」、ハードロックバンド「SEXXXX」を中心に活動している。

■オフィシャルサイト https://ameblo.jp/abikoshinonkai/

【お祝いコメント

高松RUFFHOUSE、20周年おめでとうございます!20年…簡単に刻める年月ではありませんが、オレ達が気持ち良くやれるようにここまで続けてくれて、今城さんに本当に感謝です!ありがとう!そしていつか、必ずA氏も入れてライヴをしましょう(笑)ひひひひひ!さしあたり、オレは寿司祭で5/17(金)にお祝いしに行きます。よろしくお願いします。それではこれからも呑み過ぎず、食べ過ぎず、身体を大切にまだまだ続けて下さい。Congratulation 20th Anniversary 高松RUFF HOUSE❤️、Mr.Konjo❤️

SEXX GEORGE

※ ダウンロード期間終了いたしました。ありがとうございました!


夢野カブ

BAND、TRIO、DUO、SOLO、レコーディングと様々な形で全国で年間180本弱のライブ、アルバム制作をこなす。どんな形でも所謂セッションではなくバンドサウンドである事を目標とする。何処にも属さず、誰にも咎められることのなく、好きな歌を歌えるバンドマンである事を核とし、夜宴をこよなく愛し毎夜 ROLL(渦巻いて)している。

■オフィシャルサイト http://www.craw-fish.com/

【お祝いコメント

今城くんがPAをやりながら嬉しそうにニヤついてるのを見るとあ〜いいライブがやれてんだなぁといつも思うのだ。多分、RUFFHOUSEでそんな風に感じてるのはオレだけじゃないはずだよ。店主自らが『イェー!』って言える店はどんなに小さくてもいつでもあのサムクックのハーレムスクエアになっちゃうのさ。高松のハーレムスクエア、RUFFHOUSE 気がつきゃ長い付き合いだけど、確実に音楽が好きすぎる魔物が棲んでる地下室だな。おめでとー!ここからもまだまだおめでたくイェーだ!!

夢野カブ


市川セカイ

2006年 4人組ロックバンド、MANA SLAYPNILEでCharプロデュース、UNIVERSAL Jよりメジャーデビュー。2009年 ソロ活動開始。2013年にはブルボンアルフォートミニのCMソング歌を担当。毎年、年間150本を超えるLIVE、自身完全プロデュースによる音源リリースほか、作家、講師、アレンジ、GOODSのデザイン、MV製作など、マルチな活動もしている。 2019年、ソロ活動10周年を迎える。透き通った声、耳に残るグッドメロディ。人の心をすくい上げるような歌を歌うシンガーソングライター。

■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com/

【お祝いコメント

RUFFHOUSE20周年おめでとうございます。今城さんは自分の道をまっすぐに行く人。嫌いなことは嫌いっていうし、好きなことは好きっていう。そして誰よりも音楽を愛し、音楽の力を信じている人。そんなんロックスターやん。 潰れた味のある声も、センスのいいギターも、人間らしい人柄も、厳しくも優しい、大切なものを教えてくれる兄貴なところも、大好きです。そんな今城さんがやるお店RUFFHOUSE。 20年続くってことは大正解ってことなんですよね。また歌いに行かせていただきます。RUFFHOUSE 20周年、おめでとうございます!

市川セカイ

※ 本人より曲解説:この歌は朗読。声を潰してしまい朗読ライブをした時、今城さんと話して作った曲です。


モドルススム