ANNIVERSARY PRESENTS

1999年7月4日にオープンしてから早20年の月日が流れました。皆さんのお陰でここまで辿り着けたと言っても過言ではありません。これからもご来場くださるお客様が楽しめるスペースとして日々努力していき、良質のサウンドと非凡な空間を目指し、これからも突き進んでいく所存でございます。このページでは、当店が今までお世話になっているミュージシャンのご紹介、お祝いのメッセージ、及び20周年を記念し特別に音源データがダウンロード出来る様になっていますので、ぜひお試しください!尚、ダウンロードは2019年8月7日までの公開となります。※ダウンロードは終了いたしました。

高松RUFFHOUSE 今城のぶや

モドルススム


三宅伸治

1987年MOJO CLUBデビュー。MOJO CLUB活動休止後はソロ活動とともに数々のミュージシャンとのバンド活動も展開。忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS ではバンマスとして活躍。また清志郎氏との共作で楽曲も多く手掛けた。最近ではソロ活動に加え「三宅伸治&the spoonful」、「オーバーオールズ」、自身のイベントをきっかけに鮎川誠氏、友部正人氏と3人で「3KINGS」としてのライブ活動も行う。デビュー30周年にあたる2017年12月には自身初の30曲入りトリビュートアルバム「ソングライター」をリリース。 ■オフィシャルサイト http://miyake-shinji.com/

【お祝いコメント

ラフハウス20周年、おめでとう!最初のラフハウスあたりから、行かせてもらってます。これからも、長い付き合いをよろしくお願いします!

三宅伸治


阿久延博 (RAZZ-MA-TAZZ)

1994年 4月21日 佐久間正英プロデュースにより、シングル「Private Eyes」でデビュー。1999年 5thアルバム「Sanctuary」を発売と同時に解散を発表。15会場での解散ホールツアー。ラストの大阪厚生年金大ホールで解散した。その後、2001年からボーカルの阿久延博がソロ活動を開始するが、2018年末でソロ活動終焉を宣言。2019年1月、20年ぶりにRAZZ MA TAZZの復活を宣言。4月末から東名阪の復活ライブツアーを行う。同時に20年ぶりの音源となるミニアルバムをリリースする。

■オフィシャルサイト https://razzmatazz.jp

【お祝いコメント

20周年おめでとうございます!ひとくちに20年と言っても、長い道のりだったと思います!まず僕らの歌える場所を続けてくれたことに感謝です。ラフハウスに帰って来るたびに、そして今城さんと飲むたびに笑、あー、高松に来たなーと思えます。そして、あの独特なアットホームな空間は日本で唯一。僕たちの歌をリアルに生で届けてくれる大切な場所です。いつも明るい今城さんだけど、誰にも譲れないポリシーがあるから、続けてこれたのだと思います。これから、30周年、40周年、お互い杖ついてでも、続けて行きましょう!本当におめでとうございます!!またすぐにでも遊びに行きます。

阿久延博 (RAZZ-MA-TAZZ)


鬼頭径五

10代のころより地元の川崎・京浜地区を中心にいくつものバンド活動を経験する。88年にCBSソニーよりデビュー。その後、いくつかのバンド、事務所を経て、アコースティック、R&Rバンドと様々なスタイルにありながらも、一貫してその圧倒的な声の存在感と詞の世界を持ち、常にフロントに立ち歌い続ける魂のボーカリスト。昨年、デビュー30周年記念となるフルアルバム『ロックンロールパラダイス』をリリース。一人でも多くの人にパラダイスを届けるべく、精力的に各地を回り、歌う。2019年8月23日(金)RUFFHOUSE出演決定! ■オフィシャルサイト http://kitokeigo.net

【お祝いコメント

自分はまだ昨日今日の付き合いですが、けして人口多くはない高松での20周年、この事実 あきらかに天晴れ!かんたんにおめでとうと言いたくないほどおめでとう!!ラフハウスは全国規模で大好きなお店です。25周年、30周年を願っております!

8番めのシンガー鬼頭径五


サンタラ

1999年京都にて結成の孤高の男女ユニット。2004年シングル「バニラ」でメジャーデビュー。これまで通算10枚のオリジナルアルバムを発表。アメリカンルーツミュージックの影響を受けたフォーキー、ブルージーなメロディーセンスとそれに乗ったリリカルな歌詞が独特の世界観を生みだし、音楽ファンのみならず、アニメ、映画、舞台といった他ジャンルのファン、クリエイターからも熱い支持を得ている。2017年9月2枚組オールタイムベスト「Letters~Folk & Blues」を発売。

■オフィシャルサイト https://www.santara.jp

【お祝いコメント

ラフハウス20周年おめでとうございます。ライブハウスはいまやレッドリスト入りのとても貴重な存在です。ライブハウスは街の文化度の指標。高松の皆さん、ラフハウスと今城さんを大事にしてください。20年はハンパじゃないよ。またきっと歌いに行きます。

サンタラ


山根万理奈

2011年7月ワーナーミュージックジャパンより「ジャンヌダルク」でメジャーデビュー。毎年、オリジナルアルバムをリリースしながら、全国各地でライブを重ね、年間のライブ本数は100回を数える。バンド、ギターやピアノのサポート等様々な形でライブを行うが、通常のライブはアコースティックギターの弾き語りスタイル。2019年3月6日ニューアルバム「愛のme」発売。2019年9月1日 3年連続となるホールワンマンコンサート「歌って happy ! 2019」を松江プラバホールで開催予定。

■オフィシャルサイト https://www.yamanemarina.com

【お祝いコメント

RUFFHOUSE、20周年おめでとうございます!学生の頃本気で住みたいと思っていた高松。四国へ歌いに行きたい!と、最初に紹介してもらったのがRUFFHOUSEでした。毎年歌いに行けていて夢のようだなぁと今改めて思います!留守番電話のメッセージを任せてもらえたのも良い思い出です(笑)今城さんの気が済むまで(そんな日は来るのか⁉︎)何でもビシバシやってほしいですが、体には気をつけてくださいね!いつもありがとうございます!これからもよろしくお願いします!!

山根万理奈


ユースムースアヴェニュー

ボーカル青江好祐(アオエコウスケ)、ギター近藤三史(コンドウミツジ)を中心に2000年大阪で結成。2004年上京。CDリリースやitunesでのアルバム配信、メンバー脱退などを経て2009年に解散しそれぞれソロ活動へ。2016年夏、再結成。The Beatles、The Kinks、The Whoなどイギリスのバンドに影響を受けた楽曲を携え、東京は吉祥寺を中心にマイペースに活動中。

■オフィシャルサイト https://twitter.com/youthmousse_ave

【お祝いコメント

RUFFHOUSE、20周年おめでとうございます。ユースムース青江です。お世話になってはや5年でしょうか。これからも末永く、高松の音楽の聖地として君臨してください。フリー音源、作りかけのものですが気に入っているデモ音源を献上します。これからもよろしくお願いします!

ユースムースアヴェニュー


西広ショータ

これまでに4枚のオリジナルアルバム、2枚のマキシシングル、1枚のラ イブアルバムを発表。ギター1本、全国様々な場所でライブに出演する。その他にも、清木場俊介へ多数の楽曲提供、CMソングの制作も行う。日本全国にコアなファンを持ち、マイペースながらも常に次のステップ を踏む彼に期待する人は多い。6月には故郷山口県でSSW原田侑子とともに「山口、未来へ鳴らす音楽会」を開催!

■オフィシャルサイト https://www.nishihiroshota.com/

【お祝いコメント

RUFFHOUSE20周年おめでとうございます。通い始めてもう7年目、行く度にいつも何かをもらって帰ります。これからもよろしくお願いします。

西広ショータ


OWL げんた(Vo,Gt) 伊藤保(Gt,Bouzouki) 

1991年に井上鑑プロデュースにより ロンドンにてレコーディング フォーライフレコードからデビューを果たす。これまでにアルバ ム7枚、ミニアルバム4枚、シシングル4枚をリリース。レコチョ クやiTunes等にて好評配信中!! ファンケル化粧品のテレビCMソングやアーティストへの楽 曲提供。長年に渡る経験から溢れ出るサウンドとメロディは多くのロックファンの心を掴み、揺さぶる。二人にしか作り出せない空間を一度体感したら、再びあなたはアウルのライブへと足を運ばずにはいられな くなっているでしょう。 ■オフィシャルサイト https://owl-musicinfo.jimdo.com/

【お祝いコメント

祝!!!RUFFHOUSE 20周年 今城さんおめでとうございます。 いや~20年ですか!凄いですね~。 僕らが初めてお世話になったのは2013年からなのでまだまだ 知らないことだらけなんですが、お店で出迎えてくれる今城さ んの嗄れ声を聞きたくて皆んな集まって来るんだと思います。 今城さんが要塞の様なコの字カウンターのステージに一番近い コックピットに陣取って僕らと一緒にライブしてくれてる感じ がたまらなく好きです! そうそう、今度カウンターの中からギターをかき鳴らして乱入 して下さい!セッションしましょう~!!! また会いに行きます。

OWL/伊藤保


大塚直之

80年代後半〜90年代にかけて博多で活躍したオリジナルロックンロールバンド「JUG & BOOGIE BOX」のヴォーカルの大塚直之、 NO MISS GUITARS、THE SWISS GUITARS、ザ.エチケッツ等で一年中全国を飛び回るギターの武内正陽、の二人のアコースティックユニット。変幻自在な楽曲を変幻自在に操るライヴを各地で展開している。

 ■オフィシャルサイト https://ooohtuka.exblog.jp/

【お祝いコメント

ラフハウス20周年おめでとうございます。Wildだけど気配りのきいたロックンロールスペース。また演奏ににも飲みにも行くことがあると思います。今後ともよろしくお願いします!

大塚直之


スギタヒロキ

1992年2月27日生まれ宮崎県生まれ静岡育ち。小中高サッカー部に所属、大学でも続けたかったが左膝靭帯損傷により断念。2年ほど途方に暮れていたところで家にあった父のギターを見つけ趣味で弾き始める。現在では全国各地に歌を届けるまでになる。金髪の容姿からは想像もできないフォーク感、それを紡ぎ出すのはまっすぐな性格と生活感。それはどこかノスタルジックな気持ちにさせる。

 ■オフィシャルサイト https://www.sugitahiroki.com/

【お祝いコメント

RUFFHOUSE20周年おめでとうございます!!僕が初めてRUFFHOUSEで歌わせて頂いたのは約3年前で、井上ヤスオバーガーさんに「香川にオススメの箱があんねん!今城さんって人が音楽がすごく好きな人でええ人やねん!」って言ってバーガーさんに連れてきてくれたのが初めてだったのですが、まさにまさにその通りした。20年という歴史の中では僕は新参者だと思いますが未熟で無知な自分に、打ち上げでいつも今城さんが良い音楽を教えてくれて、僕もめっちゃ気に入ってツアー中にも聴きまくって現在の僕の音楽の一部として日々曲作りからライブから影響を受けまくってます!RUFFHOUSE今城さん今後とも末永くよろしくお願い致します!

スギタヒロキ


モドルススム