ANNIVERSARY PRESENTS

1999年7月4日にオープンしてから早20年の月日が流れました。皆さんのお陰でここまで辿り着けたと言っても過言ではありません。これからもご来場くださるお客様が楽しめるスペースとして日々努力していき、良質のサウンドと非凡な空間を目指し、これからも突き進んでいく所存でございます。このページでは、当店が今までお世話になっているミュージシャンのご紹介、お祝いのメッセージ、及び20周年を記念し特別に音源データがダウンロード出来る様になっていますので、ぜひお試しください!尚、ダウンロードは2019年8月7日までの公開となります。

高松RUFFHOUSE 今城のぶや

モドル ■ ススム


ヒメノアキラ

2000年 妃野アキラでメジャーデビュー。これまでにシングル7枚、アルバム6枚リリース。ラジオのパーソナリティやドラマのエンディング、フリー雑誌でコラムを連載したり、コンビニの店内放送のコーナーを持ったり、、様々な活動を経て独立。現在は活動の地を京都へ移し、自由なスタイルで歌を届けている。 ■オフィシャルサイト http://himenoakira.net/

【お祝いコメント

20周年おめでとうございます!わたしはほんの少ししかその歴史をしりませんが、初めて会場に入った時、その壁や柱にたくさんのミュージシャンの音が染み込んでいるのが分かりました。そして今城さんの大きなお腹にも(笑)空気というのは作られる。これらかのラフハウスはもっといい味が染み込んでくんだろうな。わたしもそのひとつになって行きたいです。おめでとうございます!

ヒメノアキラ


大平伸正

岡山県総社市出身1983年8月15日生まれ。2003年、ロックバンド「ghostnote」結成。ボーカルギターとして、結成当初より全国各地でライブ活動を展開。2008年、SME Recordsよりメジャーデビュー。2013年、インディペンデントな活動方針を選択、”T”RUST OVER 30 recordingsへ移籍。2016年10月~11月、Ghostnoteでのリリースをきっかけに約45本にも及び全国を行脚する「大平一人旅」敢行。2017年4月、シンガーソングライター「大平伸正」として新たな一歩を踏み出す。

■オフィシャルサイト http://ohiranobumasa.com/

【お祝いコメント

今城さん!RUFFHOUSE20周年おめでとうございます!!まだ出会ってから、歌わせてもらってから間もないのに、コメントを書かせていただけるのを光栄に思うと同時にこれからもお世話になりたいです!!一生、死ぬまでよろしくお願いいたします。今城さんに触れて、話して、あらためて音楽は本当に人だと思います。大好きです!!

大平伸正


デ・オッシ (ex. NolenNiu-de-Ossi)

喜多 寧 (歌,ガットギター,三味線)、とるこ (ピアノ,アコーディオン,歌)。変幻自在のからくり音楽。和洋楽器を用い国境を越えた音楽性を内包。古都奈良を制作拠点とし、全国各地でライブを行う。海外へも進出。2012年は東部から中西部までの7都市10公演のU.S.Aツアーを成功させる。2019年 NolenNiu-de-Ossi(ノレンニゥー・デ・オッシ) からDE-OSSI(デ・オッシ) に名称変更。

■オフィシャルサイト http://www.de-ossi.com/

【お祝いコメント

RUFFHOUSE20周年、本当におめでとうございます。一時は毎月というほど訪れていた高松、そしてRUFFHOUSE。ここしばらくご無沙汰してしまっておりますが、第二の故郷のような大切な場所です。NolenNiu-de-Ossiとしての大切な部分はここでたくさん培われました。我々も今年で10周年。デ・オッシになって改めてお祝いに馳せ参じます。

デ・オッシ (ex. NolenNiu-de-Ossi)


住出勝則 (Masa Sumide)

ソロギタリスト/シンガー。1975年、フォークグループ『シグナル』のメンバーとして「♪20歳のめぐり逢い」でデビュー。1996年、オーストラリア移住を機に「ソロ・ギタリスト」として再出発する。2002年帰国。1999年の初ソロギターCD以降、現在まで「毎年1枚」のCDを発表し続けている。近年は、ソロギター・ライヴのみならず、弾き語りライヴも行っている。

■オフィシャルサイト http://www.masasumide.com

【お祝いコメント

まずは、20周年おめでとうございます! ライヴハウスを20年も続けるのは至難の業です。ここまで、おそらく紆余曲折の連続ではなかったかと察しますが(精神的、体力的にも)、アーティストにとってRUFFHOUSEのような場があることを心から幸せに思いますし、このお店との縁に感謝しています。

雰囲気的には、まるで外国のバーにでも居るような感じ。そして、店主の今城ちゃんのノリとのコントラスト!? これが、何とも言えない独特な味を醸し出していて、本当に楽しくて居心地の良い空間なんです。ミラーボールも渋いし(笑)。ですが、何よりも、演者にもお客様にも優しいお店...これが一番!

住出勝則 (Masa Sumide)


黒色すみれ

2004年「ぜんまい少女箱人形」でCDデビュー。 クラシック音楽を基調に、フランスのシャンソン、日本歌曲や大正ロマンのテイストをミックスさせたノスタルジックな楽曲が特徴。「ネオクラシックユニット」と銘打っている。 東京都内での演奏活動を中心としながらも、演劇作品や映画、アニメ-ション作品、アーティストへの楽曲提供・出演、ファッションモデルなどその活躍は多岐に渡り、その独自の世界観が認められ2007年~2009年にはヨーロッパツアー、アメリカのフェスティバルにも招待されている実力派アーティスト。 ハリウッドの奇才ティム・バートン監督は来日のたびに会いに行くほど彼女たちの才能に惚れ込んだ一人。その交友は10年以上になる。アンダーグラウンドのフィールドで活躍してきた二人だったが、近年では黒色すみれの完成された世界観と音楽技術の高さにメディアが注目し、テレビの音楽番組への出演も頻繁になる。 フジテレビ「MUSIC FAIR」で披露されたオリジナル楽曲「幸福な王女さま」は日本中を新しい音楽の世界に引き入れた。他にも同番組で由紀さおり、氷川きよしなど実力派アーティストとコラボレイトしている。

■オフィシャルサイト https://www.kokusyokusumire.net

【お祝いコメント

RUFFHOUSE20周年おめでとうございます!いつもパワフルな兄貴分、今城さん!高松で演奏会をするときはいつも頼りにしております。”高松のディズニーランド”がいつまでもいつまでもそのままであり続けますように。看板娘のウメ子の曲をいつか作りたいです。

黒色すみれ


大江健人

アルバム「ポケットのネズミ」発表。以来、稀有な楽曲のオリジナリティーに加え、暗がりをピンスポットで照らし出すリアリティを持った歌詞で注目される。一遍のストーリーを思わせるライブパフォーマ ンスには定評があり、北海道JAZZ FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、寺山修司記念館フェスティバル、SAGAN MUSIC FESTIVAL、出演をはじめ全国各地で活躍中。

■オフィシャルサイト http://taketooe.web.fc2.com/

【お祝いコメント

四国の玄関口であり、扉を開いてくれた大事な場所である。ここは全国でも珍しくステージ前にUの字型カウンターがあり、ライブ時には店主が内側最前席で聴いているという恐ろしい環境(笑) その店主の深い音楽愛は、僕らいちミュージシャンの背筋を正すものであり、創造と自由の素晴らしさと、それに向き合う覚悟を感じさせるのである。今城さん、20年なんてストーンズに比べりゃまだまだですよ、あと30年はやらなきゃ。今後ともよろしくです。

大江健人


Bougain ville-A (ブーゲンビレーア)

2003年より踊れるハッピーグルーウ”歌謡曲をテーマに都内のカフェやクラブを中心に活動を開始。2006年、Happiness recordsより発売の人気コンピシリーズ『Tokyo bossanova-Flores』にオリジナル楽曲「ボルネオの森」が収録され、ラジオFM、 J-WaveなどでON AIRされる。2007年、フロアでの人気楽曲「a sandy beach」がApril SetでおなじみのDJ鈴木雅尭氏によるアッパーな極上キラーチューンとなって生まれ変わり、カップリング曲に山下達郎氏がかつて在籍していた幻のバンド、シュガーベイヴの名曲「downtown」カバーを含め、アナログ盤12inchとしてリリースされたと同時に渋谷のレコードショップDMRにて総合ウィークリーラキングで見事1位となる。2008年、遂に待望のフルアルバム「東京プロヴァンス」が発売される。

【お祝いコメント

RUFFHOUSE20周年おめでとうございます‼︎‼︎僕らがラフハウスでライブをやらせていただいたのは12年前!楽しい演奏が終わり楽しいお酒の時間、今城さんのDJが始まりその選曲が僕らのストライクゾーンに‼︎そして音楽トークで盛り上がり楽し過ぎた思い出がいっぱい詰まったお店です🎶

Bougain ville-A  下山達也


ELK (エルク)

広島生まれのシンガーソングライター。アコースティックギターの弾き語りスタイルで活動中。ブルースを愛しながら、そのメロディーや歌詞は聴きやすく、伸びやかな歌声で、ライブの度に聴くものを魅了する。espect:

THE STREET SLIDERS/忌野清志郎/HARRY/SION/THE GROOVERS/HEATWAVE/THE ROOSTERS/サンハウス/村八分/山口冨士夫/友部正人/吉田拓郎/ etc...

■オフィシャルサイト http://elk.mods.jp/home/index.html

【お祝いコメント

今城さん!RUFFHOUSE20周年おめでとうございます!RUFFHOUSEは、Stonesなど僕の好きな音楽の匂いのするお店で、かつ、初の四国ライブの場所でもあるので思い入れのあるお店です。「地道に行こーぜ」といつも暖かく迎えくれてありがとうございます!上質な音楽が溢れるRUFFHOUSEに自分も出演させて頂けていることに感謝です!毎回良い緊張感を与えてくれるRUFFHOUSE!今城さんの音楽愛に応えられるように頑張ります!また、今城さん癒しのアーチストでもあり続けたいと思います(笑)Viva RUFFHOUSE!

ELK (エルク)


端山龍麿

1996年「陽のあたる道」でデビュー。その後NHKドラマ「ご就職」テーマのボーカルを担当するなどし、2008年「旅空」、2009年「ROOTS」、2014年「龍麿3」、2017年「Tonaride vol.1」をリリース。全国を歌い巡るシンガーソングライター。アコギ一本で独特の世界に引き込む歌唱力、歌心溢れる楽曲はまさに龍麿ワールド。年間100~150本におよぶ歌を届ける旅は、会場となる街をさらに増やしながらどこまでも続く。

■オフィシャルサイト http://www.ryumaro.com/

【お祝いコメント

20周年おめでとうございます。出演者募集のボタンをクリックして始まった数少ないお店、RuffHouseがあったから高松という街に来る事ができました。これからもよろしくお願いします。

端山龍麿


市川“JAMES”洋二

1983年 “日本一無愛想なバンド”THE STREET SLIDERS(ザ・ストリート・スライダーズ)でエピック・ソニーよりデビュー。アルバム15枚を発表、武道館での公演は9回にのぼる。2000年の同バンド解散以降、サポートベーシスト、プロデュース活動を行う。20014年3月、55歳の誕生日を機に「ひとり旅」と銘打ち、

「カラオケに合わせてベースを弾きながら歌う」というソロ活動を始め、全国を巡る。2015年 JAMESBANDを結成。サポートメンバーとして、ドラムに盟友の鈴木”ZUZU”将雄、THE EASY WALKERSのギタリストとしても活動中の五十嵐“JIMMY”正彦を迎える。2019年1月 2ndソロアルバム「HOME」を発表。3月 下北沢「GARDEN」にて還暦記念ワンマンライブを行う。2019年7月15日(月・祝)ラフハウス出演。■オフィシャルサイト http://blog.jamesichikawa.com/

【お祝いコメント

20周年おめでとうございます!もう20年?いやまだまだ、もっともっと…。これからも高松の、いや四国のR&Rの拠点として頑張ってください!!

市川“JAMES”洋二


阿部浩二

ギターを片手に世界中を旅する。ストリートミュージシャンになる。現在は東京を拠点に年間約300本にも及ぶライブ活動をヒッチハイクなどで移動しながら全国各地で行っている。ライブのない日も毎日ストリートライブを行い投げ銭と手売りCDの売り上げのみで生活している。今まで手売りだけで売り上げた自主制作CDは1万枚以上になる。2019年4月10日東京 赤坂BLITZ(マイナビBLITZ赤坂)にてワンマンライブを敢行、1000名動員の大盛況で終える ■オフィシャルサイト http://ucoa.web.fc2.com/

【お祝いコメント

今城さんへ 顔はこわいけど大好きです。20周年、心からお喜び申し上げます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

阿部浩二


佐木伸誘

北海道滝川市生まれ。'88 ソロデヴュー(EMI、London Rec.井上鑑Produce)。'93 ユニットBirthday Suit デヴュー(EMI、N.Y. Rec.)。沢田研二などへ楽曲提供。'00 バンドLab-Siva結成、自主レーベルEGOViBES旗揚げ。'13 ソロ4th.アルバム「Love the life」発表。'15 「Love the life Remaster」発表。'17 弾き語り作品集「Voice & Humm.」発表。'18 佐木伸誘30th. thanks year solo tour 全国120公演。'19 ミニアルバム発表、全国100公演予定。 ■オフィシャルサイト http://lab-siva.com/

【お祝いコメント

RUFFHOUSE 20周年おめでとうございます!日本で一番ハスキー店主なライブハウス、音はもちろんサービスへのこだわりが毎度進化しながら伝わるお店~  今後の展開を楽しみに、またお世話になります!

佐木伸誘


近野淳一 (鴉)

秋田県に住みながら全国規模で活動するミュージシャン。ロックバンド鴉(からす)のボーカル&ギター。鴉は2001年に結成、2008年テレビ東京系ドラマ24『怨み屋本舗REBOOT』主題歌「夢」でメジャーデビュー、その後も毎日放送・TBS系『闇金ウシジマくん』主題歌「巣立ち」など様々な楽曲が起用される。2013年から近野淳一名義でアコースティックギター一本の弾き語り活動を本格的にスタート。

■オフィシャルサイト http://karasu.deci.jp/wp/

【お祝いコメント

20周年おめでとうございます、自分のバンド鴉も同じく20周年。これからも高松のうどんのように太く長く、とか言うと今城さんに怒られるので、細々と、これもダメか。とにかく引き続き秋田と高松を繋ぐ大切な場所としてそこにあってください。

近野淳一 (鴉)

※ 当店RUFFHOUSEをテーマに書き下ろしてくれた当店にとって貴重なオリジナル曲。是非お聴きください。


モドル ■ ススム